10才の天才歌手、セリーヌ・タムがすごい!!他の歌手と比べてみた

セリーヌ タム2

今、世界中で話題になっている、小さな天才歌手がいます。

それは香港出身の、セリーヌ・タムちゃん10歳。11月22日が誕生日なので、ちょうど昨日10歳になったばかりです。

 

America’s Got Talent で大反響

今年、9歳でアメリカのオーディション番組 America’s Got Talent(AGT) に出場して観客や審査員たちに衝撃と感動を与え、世界の注目を集めました。

私も初めてこの動画を見た時、「かわいい子だなー。9歳なのに受け答えもしっかりしてるし、すごいな」とは思ったものの、まさかこんなに圧倒的な歌声を聞かされるとは思わず、びっくりしました。音程をはずさないとかももちろんそうですが、この声量、この表現力、、、。

しかもこの年齢で、大勢のお客さんの前でも全く動じず、可愛らしい笑顔を見せながらも堂々と振る舞い、大物感を感じさせますね。

あと個人的に、舞台袖でお父さんが、セリーヌちゃんを見つめながら、うんうんと小さくうなずいているのを見てなんだかジーンときました(´;ω;`)

 

この動画はセリーヌちゃんの歌が終わったところで終了していますが、この後には審査員の賞賛のコメントが続きます。

まずこんな会話が(笑)

サイモン(審査員)「君が歌ったんじゃないでしょ?誰が歌ってたの?」
セリーヌ「私よ!」
サイモン「本当に君なんだね?冗談じゃない?」
セリーヌ「冗談なんかじゃないわ」
サイモン「そのスクリーンの後ろには誰も隠れてないんだね?」
セリーヌ「誰もいない誰もいない!」

観客 (笑)

サイモン「100パーセント君なんだね?」
セリーヌ「はい!」
サイモン「わかった。なら君はものすごいよ。」
セリーヌ「ありがとう!」

 

他の審査員たちも、「音程も全部正しいし、すごく美しかった。」「とても可愛らしい」「自信をもって歌う姿に感動した」など、絶賛していました。

 

Celine Tam を他の歌手と比べてみた

AGT でセリーヌちゃんが歌った”My Heart will Go on”は、たくさんの歌手が歌っています。
ちなみに、クラシック歌手(クラシカル・クロスオーバーとも言われますが)が歌うとこんな感じになります。こちらも素晴らしいですが、セリーヌちゃんとはタイプが全く違います。

ちなみにこの歌手はジャッキー・エヴァンコさんといって、セリーヌちゃんと同じように、幼いころAGTで世界の注目を集めました。(幼いころ、といっても数年前の話ですが笑 調べたら2010年のAGTでした。)

エヴァンコさんは来日したこともありますし、テレビでも取り上げられていますから、ご存知の方も多いかもしれません。いつの間にこんなに大人になっていたんですね。。。(ちなみに現在は17歳で、この動画の時よりもっと大人です笑)

力強く歌い上げたセリーヌちゃん、情感豊かに歌うエヴァンコさん。

二人のうちどっちがいいとか、クラシックとポップどちらが上とかではなく、二人とも本当に素晴らしいです。。。ただ、同じ歌でも誰が歌うかによって、こんなに印象が違うことには驚きです。

さて、Youtubeにはセリーヌちゃんの動画がたくさんありますが、その中でも特に私が大好きなものを2つご紹介します。
「You raise Me Up」と、「For the First Time in Forever」です!

まずは”You Raise Me Up”から。

“You Raise Me Up”も、たくさんのアーティストたちがカバーし、それぞれが個性的に歌い上げていますが、このセリーヌちゃんの”You Raise Me Up”は、とても力強くて、聞いていると力が湧いてくるような感じを受けます。

 

ちなみに、日本でも有名なケルティック・ウーマンのカバーはこんな感じ。女神のよう。。。

こちらもセリーヌちゃんとケルティック・ウーマンでは全然違いますが、こうして比べてみると、ますますそれぞれの良さが引き立ちますね!

 

さて、次は”For the First Time in Forever”

 

You Raise Me Up も、For the First Time in Foreverも、セリーヌちゃんが6歳の時のものです。感情表現がとても豊かですね。とくにFor the First Time in Foreverでは、子どもらしい表情やしぐさも見られて、とても可愛らしいです。

6歳の頃からすごい歌唱力ですが、やはり最近のものと比べてみると明らかに違いがあり、4年間でしっかりと成長していることがわかりますね!

 

ちなみに、「アナと雪の女王」で実際にアナの声を担当し、この歌を歌っていたクリスティン・ベルだとこんな感じ。とてものびやかな歌声ですね!

 

こうして有名な歌手と並べてみても(クリスティン・ベルは歌手というよりは女優ですが)、セリーヌちゃんは全く見劣りしませんね。この年で既に、「自分らしい歌声」というものを持っています。

これから、どんな歌手になっていくのか、本当に楽しみです。

同じ年ごろで有名になったジャッキー・エヴァンコさんも、小さいころから素晴らしかったのですが、今ではもっと声に深みが出て、より素晴らしい歌手へと成長されています。セリーヌちゃんもそのようにどんどん成長していってほしいですね!

両親はセリーヌ・ディオンの大ファン

最初に載せた動画の中でセリーヌちゃんも言っていますが、両親はセリーヌ・ディオンが大好きで、なんと娘たちに「セリーヌ」(姉)、「ディオン」(妹)と名付けてしまったのです(笑)

娘の名前にするほどセリーヌ・ディオンが好きなご両親の影響を受け、セリーヌちゃんも、セリーヌ・ディオンが大好きで、彼女のような歌手になりたいと言っています。
それにしても歌がうまい子に育って本当によかったですね…この名前でもし音痴とかだったら。。。。

妹のディオンちゃんもお姉さんを見て、歌好きに育ってるみたいです。こんな動画を見つけました!とても仲がよさそうです(*^^*)
もしかしたら、妹とコンサートで共演、なんていうのも、近い未来かもしれませんね!

 

 

セリーヌちゃんのお父さん、スティーヴ・タムさんは音楽教師で、セリーヌちゃんはお父さんの指導を受けて3歳から歌のレッスンを始めたそうです。
音楽一家に生まれたからこそ、才能が早くから開花したのでしょうね。

 

10月には来日して公演!

実はセリーヌちゃん、すでに日本にも来たことがあるんです!今年10月に来日し、八天堂のイベントで歌を披露しました。

日本語の歌、上手ですね。。。!!

今回の来日は、テレビなどで大々的に放送されたわけではないので、ご存じなかった方も多いと思いますが、もっと注目されるようになって、また日本に来てほしいものです!

 

セリーヌ・タムの公式サイトやSNSは?

これから歌手としてますます成長していくであろうセリーヌちゃん。

そんなセリーヌちゃんの今後が気になる方は、SNSのフォローをどうぞ!英語で発信してくれています!

 

Twitter

https://twitter.com/celinetam

 

Facebook

https://www.facebook.com/CelineTamOfficial/

 

Instagram

https://www.instagram.com/celinetam/

 

公式サイト

Celine Tam Official Website

あわせて読みたい記事

10歳の天才歌手セリーヌ・タムが動画を続々アップ!!ますます可愛く成長!?

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. 内川聖一
    ソフトバンクホークスが日本一を達成し幕を閉じた2017年のプロ野球。鷹ファンにとっては最高の一年にな…
  2. 不登校
    不登校に対するイメージ 皆さんは、「不登校」と聞いて、どんなイメージを持たれるでしょうか。 …
  3. ナビゲーター世界史B
    世界史参考書の定番、『ナビゲーター世界史B』。 解説が大変わかりやすいと評判なのですが、分厚い…
  4. 予習シリーズ5年㊤ 算数
    「子どもが中学受験をしたいと言っているけれど、他の習い事もあって塾に行く余裕がない」、もしくは「塾に…
  5. 銀座カラー
    日に日にあたたかくなっていくこれからの時期、肌を出す機会も増えてきますよね。 「自己処理大変だ…
  6. 腰痛
    生理前になると、ドーンとした重い腰痛があるのって辛いですよね。 “腰痛があるなぁ・・・”と思っ…
  7. 教材
    こんにちは。 年度末。社会人の方はお忙しい時期ですね。 受験生だった皆さんも、本当にお疲…
  8. ザギトワ 平昌 ショート
    平昌オリンピックフィギュアスケート女子ショートプログラムが、本日行われました。 ロシアのアリー…
  9. スケート靴3
    さて、平昌オリンピック開幕までもう3か月を切っていますね。 今回注目するのは、五輪代表候補でも…
  10. 春にして君を離れ
    2017年12月、アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」がケネス・ブラナー、ジョニーデップ…

ピックアップ記事

  1. 家庭教師
    みなさん、家庭教師のアルバイトと聞くと、どんなイメージを持たれますか? 「楽で高時給」のイメー…
  2. 貞観政要
    世界史を学んでる、あるいはかつて学んだ皆さんにとって、唐の二代皇帝太宗(李世民)と聞くと、どんなイメ…
ページ上部へ戻る