EYS音楽教室ってどうなの??体験レッスンレビュー

EYS

大人になってからでも、何か新しい楽器を始めたい、歌を習いたいと思っている方は多いと思います。

私もその一人です。

小さいころから歌が大好きで、ちゃんとした歌のレッスンを受けてみたいなと思っていたのですが、他にも習い事などをしていて忙しく、習い始める機会もないまま、気づいたら大人になってしまっていました(笑)

そんな私が興味を持ったのが、EYS(Enjoy Your Sound)音楽教室です。
名前もよく耳にしますし、ネットで「音楽教室 大人」と検索したらトップに出てきました。

しかしここで不安要素が。
EYSの評判を知りたくて、「EYS音楽教室」で検索しなおすと、下の方の関連キーワードの欄に、「EYS音楽教室 最悪」とか、「EYS音楽教室 ストライキ」といったワードが並んでいるのです。

でもまあ行ってみなきゃ分からない、ということで、早速体験レッスンを予約し、30分のレッスンと説明を受けてきました。

率直にレビューしていきたいと思います。

受けたのはヴォーカルレッスン

私が受講したのは、ヴォーカルレッスンです。楽器レッスンのレビューはできませんので悪しからず。

クラシックかポップかは指定しませんでした。実は私自身ここはすごく迷っていたところで、ポップもクラシックも両方大好きで、できることなら両方習いたいと思っていたくらいででした。

体験レッスンが始まる前に、簡単なアンケートの記入をします。自分の音楽歴とか、どんな楽器に興味があるかとか。
そんなこんなでアンケートの記入が終わると、いよいよレッスンスタート。

レッスンルームに入ると、まずは先生と自己紹介も含めて世間話。
そのあと、本格的にレッスンを始める前にストレッチをします。

身体と声帯に関しては、興味深い話を聞きました。
足や腕の筋肉も、声帯に影響を与えるそうです。
例えば、重い荷物を持つと声帯が下がって、声が出にくくなるとかなんとか。
なので一見歌に関係なく見えるようなところも含めて、しっかりストレッチすることが大切だそうです。

ストレッチが終わったら続いて発声練習。
おでこの部分で響かせるように意識しながら、ハミングや「マ」の音で発声。
半分腹式、半分胸式みたいな呼吸になっているから、しっかり腹式呼吸で発声できるように、という指導も受けました。

残り10分というところで、やっと曲を歌う練習が始まります。
最初は歌詞をつけず、先ほどと同じように「マ」の音で練習。
ここで、「もっと口を縦に大きく開けて」「指が3本入るくらい」といわれ、そこを意識すると、自分でもびっくりするくらい声が変わりました。
声量も、声の質も、ずっとよくなりました。口開けることで、こんなに変わるんだ、、、と感動。(私のレベルが低いだけかもしれませんが)

レッスンが終わると、入会についていろいろと説明を受けました。

EYS音楽教師についてのまとめ・感想

レッスンについて

新しいことをするとき、ひとつひとつしっかり解説してもらえたのが良かったです。
以前ピアノを習っていたのですが、その時は、先生にただ「こうして」といわれた通りに弾くだけで、それにどういう意味があるとか、そういうことは説明してもらえなかったので、練習についてしっかり解説してもらえたのは、とてもよかったです。

また、レッスン制度に関してですが、「オールフリー」という制度を取っているのが魅力的だと感じました。これは、レッスン1回1回、自分でスタジオ、時間帯、講師を選べるという制度です。
さらに、レッスンが気に入らなかったら、無料で別の講師のレッスンを受け直せる、というサービスもあります。このサービスは、何回でも利用することができます。

イベントについて

EYSに関して、特に特徴的だなと思ったのは、イベントが沢山開催されていることです。初心者でもステージに立てる機会が豊富に提供され(もちろん希望者だけです)、3回のレッスンだけでステージに立てる、というビギナー向けのプログラムもあります。
生徒同士でバンドを組んだりする人もいるそうです。

講師について

講師は、幅広く教えている講師もいれば、特定の分野しか教えない講師もいるそうです。
私が習った先生は、ヴォーカルはもちろん、ピアノや三味線まで幅広く演奏できる先生でした。
歌に関しては、ジャンルや世代の境界線を越えて、様々な曲を歌い分けることができるそうです。
ただ、声楽に関しては、本格的にはやっていないとの事でした。しかし、声楽を専門にしている先生もいますので、そちらの先生のレッスンを受講したい人はもちろんできます。

教材について

EYSには、決められたカリキュラムや教材というものが存在しません。講師が生徒一人一人の要望に合わせて、レッスンをするというスタイルです。
なので、自分で先生にYoutubeなどを見せて「これが歌いたい」と言えば、対応してもらえます。(あまりに生徒のレベルに合っていなくて難しすぎたりしたら、やめておこうと言われることもあるかもしれませんが)

施設について

講師の方から聞いたのですが、スタジオによって、全然雰囲気が違うそうです。横浜スタジオなど、広くて明るく、華やかなスタジオもあるそうですが、私が行ったところは、どちらかというとこぢんまりしていて、モノトーンで落ち着いた、静かな感じでした。全体的にとても清潔感があり、好印象を受けました。

講師以外のスタッフについて

音楽や英語の大手のスクールだと、講師は本当にレッスンをするだけで、その他の雑務や入会説明などはすべて他のスタッフさんがやる、といったイメージがありましたが、EYSでは、レッスンを担当してもらった講師から直接説明を受けました。
受付のお姉さんはいました。気持ちよく挨拶してくれました。たぶんあの人は講師ではないと思います。たぶん。

気になるEYSの費用は??

入会金は13,000円、そのほかに「プロデュース料」というものが14,000円ほどかかります。
「プロデュース料」というのは、楽器が無料でもらえたり、ステージに立たせて貰ったりするための費用だそうです。
以上が、初期費用になります。

月謝は、スタジオによって若干異なります。
ただそこまで大きく変わる、ということはなく、60分レッスンを月2回で、月謝13,500円程度です。
更に「平日割」というものもあり、平日にしかレッスンを受けない場合は、1000円ほど安くなります。

ただ、これはあくまでヴォーカルレッスンの話です。楽器レッスンだと、もう少し高くなります。

レッスン料金の詳細に関してはこちらを参照してください。
EYS音楽教室 レッスン料金

EYSに入りたいと思ったか?

良い教室だとは思いましたが、「すぐにでも入りたい」と思わされるということはなかったです。
ほかのスクールと比較検討して、ここが一番だったら入ろうかな、という感じです。
ただ、ステージに立ちたいと思っている人には、かなり向いていると思います。初心者にここまで人前で発表する機会を与えてくれる教室は、あまりないでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. パソコン
    こんにちは。 ブログを訪問していただきありがとうございます。 タイトルの通り、この記事は…
  2. コストルナヤ
    みなさんこんにちは。 世界ジュニアが近くなってきましたね、、、!! 今回ご紹介するのは、…
  3. 樋口新葉
    昨年(2017年)の全日本フィギュアスケート選手権では、平昌オリンピック代表の座をめぐって激しい戦い…
  4. できる子図鑑 社会
    中学受験での苦労の一つ、社会の暗記。私も経験したので分かります。膨大ですよね。 たまに暗記が得…
  5. マヤ文明
    メキシコにある世界最大の水中洞窟で、マヤ文明の遺跡や化石が発見されました。 このことが発表されたの…
  6. 予習シリーズ5年㊤ 算数
    「子どもが中学受験をしたいと言っているけれど、他の習い事もあって塾に行く余裕がない」、もしくは「塾に…
  7. 小公女
    「小学生のうちの子どもにもう少し読書をさせたいけれど、どんな本を読ませればいいのかわからない」と悩ん…
  8. 腰痛
    生理前になると、ドーンとした重い腰痛があるのって辛いですよね。 “腰痛があるなぁ・・・”と思っ…
  9. スケート靴3
    さて、平昌オリンピック開幕までもう3か月を切っていますね。 今回注目するのは、五輪代表候補でも…
  10. キリスト教
    キリスト教を知るべき理由 キリスト教の信者は、世界に約22億人います。 世界最大の信者数を誇…

ピックアップ記事

  1. 野球
    みなさんこんにちは。今回は横浜DeNAベイスターズに所属する桑原将志(くわはら まさゆき)選手につい…
  2. ザギトワ 平昌 ショート
    平昌オリンピックフィギュアスケート女子ショートプログラムが、本日行われました。 ロシアのアリー…
ページ上部へ戻る