イスラム教の「ラマダン」「レバラン」って??JKT48が総選挙に出ない理由とは??

ラマダン

2018年3月27日、インドネシアのジャカルタで活動するJKT48が、「第10回AKB48世界選抜総選挙」への参加を辞退しました。

辞退理由は、選抜総選挙の開票日である6月16日が、イスラム教のラマダン(ラマダーン、断食月)明けの祭日である「レバラン」(6月13日~19日)とかぶっているからだそうです。

そもそも「ラマダーン」とは??

「ラマダーン」の意味

「ラマダーン(ラマダン)」と聞くと、「ああ、断食のことね」と思う方も多いと思います。

私もついこの間までそう思っていました(笑)

この記事を書くにあたってきちんと調べて、初めてそうでないことを知りました。

実は、「ラマダーン」という言葉自体は、もともと「断食」を指しているのではなく、「ヒジュラ暦」という暦の月の一つにすぎません。

(「ヒジュラ暦(ヒジュラ太陰暦)」とは、主にイスラム教社会で使われている暦法で、「イスラム暦」と呼ばれることもあります。)

ラマダーンはイスラム暦で9月にあたりますが、この月は「預言者ムハンマドにコーラン(イスラム教の聖典)が掲示された月」とされているので、イスラム教徒にとっては聖なる月なのです。

2018年のラマダーンの期間は??

2018年(イスラム暦1439年)は、5月16日から6月14日がラマダーンの期間です。

ちなみに2019年は5月5日から6月3日、2020年は4月24日から5月23日です。

このように、毎年11日ずつずれていくので、およそ33年ですべての季節のラマダーンを経験することになります。

ラマダーンの断食って?

「断食」といっても、本当に1か月間何も口にしないわけではありません。

そりゃそうですよね。そんなことしたら死んでしまいます。

飲食が禁じられるのは「太陽が出ている間」です。

日没後から日の出前までには盛大に飲み食いするため、逆にラマダン期間中は肥満になる人が増えるくらいだそうです。

 

あと、断食をすることが困難な人、例えば授乳中の女性、妊婦、子どもなどは、断食を免除されることになっています。

ラマダーン明けの「レバラン」とは??

「レバラン」とは、断食明けの休暇のことです。

イスラム教徒にとっては、一年間で最も大切な祝日の一つだそうですよ。

この期間、ムスリムは普段あっていない遠方の親戚を訪ねたり、親しい友人を訪問したりして過ごします。

JKT48が今年の総選挙に出ないのも、この「レバラン」と被ってしまっているからなんです。

このことを聞いても、イスラム教徒にとってレバランがどれだけ大事か分かりますね。

あわせて読みたい記事

知らないではすまされない!「キリスト教」は必須の国際教養

世界のもっとも貧しい人々に尽くした修道女、マザー・テレサ

10才の天才歌手、セリーヌ・タムがすごい!!他の歌手と比べてみた

10歳の天才歌手セリーヌ・タムが動画を続々アップ!!ますます可愛く成長!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. スノーボード
    平昌五輪が開幕し、選手たちの熱い戦いが繰り広げられていますね! 実は私も今、テレビでフィギュア…
  2. 鼻がつまるし目はかゆいしくしゃみが止まらない。。。 この時期になると花粉症でつらい思いをされて…
  3. 昨日25日、待ちに待った大河ファンタジー、『精霊の守り人』最終章(シーズン3)が、遂にスタートしまし…
  4. ナビゲーター世界史B
    世界史参考書の定番、『ナビゲーター世界史B』。 解説が大変わかりやすいと評判なのですが、分厚い…
  5. ザギトワ 平昌 ショート
    平昌オリンピックフィギュアスケート女子ショートプログラムが、本日行われました。 ロシアのアリー…
  6. 小公女
    「小学生のうちの子どもにもう少し読書をさせたいけれど、どんな本を読ませればいいのかわからない」と悩ん…
  7. ライティング
    最近は副業が流行っていますね。 その中でも人気なのが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのク…
  8. チワワ3
    超小型犬に属するチワワは、餌を与えても食べムラが時々あります。 時には全く食べてくれないことも…
  9. 算数の基礎の基礎、「計算」 言うまでもなく、計算力は算数に取り組む上での土台です。 この…
  10. この週末は、フィギュアファンにとっては熱い週末でした。 なにしろグランプリシリーズの最終戦であ…

ピックアップ記事

  1. ピアノ
    ピアノは子どもの習い事としては昔から最もポピュラーなものです。目的も音楽に触れさせたあげたいという比…
  2. 異常気象
    近年、世界では猛暑や干ばつ、洪水の多発、ハリケーンの強大化など、気候変動が顕著になっています。 …
ページ上部へ戻る