キャベツにはどんな栄養がある??人気のレシピも大公開!!

キャベツの蒸し煮

こんにちは。

暖かくなってきましたね、、、!

今回取り上げるのは、「キャベツ」です。

春キャベツは、まさに今旬の野菜ですよね~~♪

キャベツにはどんな栄養が含まれていてどういった効用があるのかを詳しくみていくとともに、人気のレシピについてもお伝えしていきたいと思います!!

キャベツに含まれている栄養とその効用

キャベツにはたくさんの栄養が含まれていますが、ここでは主なものだけを取り上げていきます。

ビタミンU

「ビタミンU」は、キャベツから発見されたビタミン様物質で、そのため「キャベジン」という別名も持っています。

(「ビタミン様物質」は、ビタミンに似た生理作用をもっていますが、ビタミンと違って体内で生合成することもできます。)

ビタミンUの主な働きとしては、胃酸の分泌を抑制することや、胃の粘膜の新陳代謝の促進などが挙げられるほか、肝臓障害にも効果があると言われています。

とんかつの付け合わせではキャベツが多いですが、これは揚げ物による胸焼けを防ぐ効果が期待できるからなんです。

ビタミンUはキャベツのほか、レタスやパセリなどにも多く含まれています。

ビタミンK

ビタミンKは、水に溶けにくく脂に溶けやすい脂溶性ビタミンの一つです。

ビタミンKは、血液凝固に深く関わっています。

血液凝固に必要な血液凝固因子が肝臓で生成されるときに、ビタミンKが補酵素として働きます。

ビタミンKが不足していると、血液凝固に時間がかかってしまうため、出血が止まりにくくなります。

また、ビタミンKは骨の健康維持にも不可欠で、骨にあるオステオカルシンというたんぱく質を活性化し、骨の形成をうながす働きがあります。

そのため、ビタミンKは骨粗しょう症の治療薬としても使われています。

ビタミンC

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンの一つです。

「美容のビタミン」としても知られているおなじみのビタミンですね。

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要不可欠であるということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。(コラーゲンは、体の細胞と細胞の間を結ぶたんぱく質です。)

血管や骨などを健康に保つ働きがあるほか、皮膚のメラニン色素の生成をおさえて日焼けを防いだり、ストレスや風邪などへの抵抗力を高めるはたらきもあります。

ビタミンCが不足してしまうと、様々な不調が起こります。

貧血、筋肉減少や、心臓障害、抵抗力の低下、関節の痛みなどがおこります。

カルシウム

カルシウムが、骨や歯をつくっている栄養素であることは有名ですよね。

しかしそれだけではなく、筋肉の収縮や神経興奮の抑制、血液凝固作用の促進などにも関わっています。

カルシウムが不足すると、骨や歯が弱くなってしまうのはもちろんのこと、神経や筋肉の興奮が高まり、痙攣の原因になります。

カリウム

ナトリウムに血圧を上げる働きがあるのに対して、カリウムには血圧を下げる働きがあります。

ナトリウムとカリウムは互いにバランスをとりながら、血圧を調節したり、細胞を正常に保ったりして、体の恒常性を維持するのに役立っています。

カリウムは野菜や果物のほか、海藻類、いも類、豆類、魚類、肉類に多く含まれています。

果物の中では、スイカやメロン、柿、バナナなどに特に多く含まれています。

葉酸

葉酸は、水に溶ける水溶性ビタミンの一つです。

ビタミンB群に属し、ビタミンB₁₂とともに赤血球をつくるため、「造血のビタミン」といわれています。

「葉酸」という名前は、ほうれん草などの緑の葉に多く含まれることに由来しています。

葉酸には、DNAなどの核酸を合成するという、重要な役割があります。

このため、赤血球の細胞の形成や、細胞分裂が活発に行われている胎児の発育に役立ちます。

葉酸が不足すると、悪性の貧血を引き起こしたり、妊婦の場合は胎児が発育不全になるリスクが高まったりします。

キャベツを使った人気のレシピは??

「料理が大の苦手」といつも言っている私ですが、今回は頑張って「キャベツとベーコンの蒸し煮」を作ってみました!(大したものじゃなくてごめんなさい(笑))

私はベーコンが大好き&キャベツも大好きなので、「キャベツとベーコンの蒸し煮」は大・大・大好物です!!(笑)

キャベツとベーコンの蒸し煮 作り方

キャベツの蒸し煮

(食べる前に写真撮ろうと思ったのに忘れちゃったので、参考にしたレシピ本の写真を載せます(笑) ごめんなさい)

1.キャベツを四つ割りにし、芯をそぎます。(このとき、キャベツがバラバラになってしまわないように注意してください。)

2.ベーコンを2つ切りにします。

3.鍋にベーコンとキャベツ、水1カップとスープのもとを入れます。

4.鍋にふたをして火にかけます。

5.ふたの隙間(もしくは穴)から湯気が出てきたら、火を弱めて15分ほど蒸し煮します。

6.ふたをとって、箸でちぎれそうなくらいやわらかく煮上がっていればでき上がりです!

その他のキャベツを使った料理

キャベツを使った料理はたくさんあります。

こちらのサイト様のレシピを参考になさってください!

【簡単&美味しい!】人気の《キャベツ レシピ》〈22選〉《保存版》

あわせて読みたい記事

納豆の栄養価はこんなにすごかった!美容効果もあるってほんと??

意外と知らないビタミンDの働きを徹底解説!摂り方や適切な摂取量は??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 納豆
    納豆にはどんな栄養分が含まれている?? 「栄養価が高い」と人気の納豆ですが、具体的にはいったいどん…
  2. 理論化学が面白いほどわかる本
    化学は、大学受験で理系を選択した人の多くが取る科目でしょう。 特に2科目選択しなければならない…
  3. 突然の質問ですが、美術館は好きですか? 私は好きです。 美しいもの、壮大なもの、威厳を感じさ…
  4. 村田修一
    ワールドベースボールクラシック(WBC)から始まり、福岡ソフトバンクホークスの日本一で幕を閉じた20…
  5. EYS
    大人になってからでも、何か新しい楽器を始めたい、歌を習いたいと思っている方は多いと思います。 …
  6. スケート靴4
    冬季五輪を連覇した羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手に、政府は国民栄誉賞を授与する方針を固めました。 …
  7. 面倒
    こんにちは(^^) 最近、自分の性格を分析することにはまっております(笑) きっかけは、就活…
  8. 2017年も終わりに近づいてまいりました。 ということは・・・ 一年で一番ゆっくりできるお正…
  9. 自動運転
    こんにちは。 私は最近、「早く自動運転車が実用化されないかなー」といつも考えています。 …
  10. 日本の未来の大問題
    2月1日。 全国の小学6年生のうち、今日が今までの人生でもっとも大きな一日、という子供たちは少…

ピックアップ記事

  1. 統合失調症1
    統合失調症とは、脳の前頭葉、側頭葉、大脳辺縁系などの機能に異常が見られる病気で、原因はまだはっきりと…
  2. お金2.0
    『お金2.0』という本をご存知でしょうか? 去年発売され、これからの経済をわかりやすく解説した…
ページ上部へ戻る