生理前の腰痛がつらい、、、!その原因と対策方法をご紹介

腰痛

生理前になると、ドーンとした重い腰痛があるのって辛いですよね。

“腰痛があるなぁ・・・”と思ってカレンダーを見てみると“あぁ、生理前か・・・。”と諦めがつく人もいるのではないでしょうか。

この腰痛、改善出来るなら何とかしたいですよね。

ここでは、生理前に起こる腰痛の原因と対策方法をご紹介いたします。

生理前の腰痛は病名がついている

生理前の腰痛の多くは生理が来ると症状が緩和されることが多いので、症状がひどくなければそれほど気にしないという人もいるかもしれませんが、この腰痛、ちゃんと病名がついているのです。

その病名は「月経前症候群(PMS)」。

女性で特に生理前に不快な症状に悩まされたことがある人なら一度は目にしたことのある病名かもしれませんね。

月経前症候群の代表的な症状には、腰痛を初め腹痛や頭痛、精神が不安定になるといった症状があります。
その他にも、不眠やふらつきなどを訴える人もいます。

このような症状の重さには個人差があり、薬を飲まなくても耐えられるレベルの人もいれば、薬がないと耐えられない程の痛みの人もいるのです。

月経前症候群(PMS)はいつから始まる?

月経前症候群の症状が出始めるのは、2日前から10日前くらいの間であることが多いです。

その中でも、腰痛は夜の間に起こることが多く、明け方腰の痛みで目覚める人もいる程です。

ひどい人だと腰痛から吐き気を催したり、朝目が覚めてもしばらく動けないという人もいます。

しかし、体を起こしてしばらく動いていると腰痛が改善するということもあります。

生理前に腰痛が起こる原因と改善策

そんな辛い生理前の腰痛。

ちゃんと対策して生理前も不快な思いをすることなく過ごしたいですよね。

原因と改善策を見ていきましょう。

骨盤の歪み

産後、骨盤の歪みが原因で生理前に腰痛を起こす人は少なくありません。
これは何故かというと、出産した時に骨盤が歪み、歪んだ状態のまま骨盤が閉じていってしまったために、血流の流れ悪くなることが原因です。

また、生理前は生理に向けて子宮に血液が集中しやすくなりますので、体全体の血流が悪くなります。
そして骨盤が歪むことから更に血流が悪くなり痛みやすいのです。

骨盤の歪みを改善する方法は、とにかく骨盤を元の位置に戻す努力をすることと、血流を良くすることです。

骨盤の位置を戻す方法には、コルセットや骨盤矯正ベルトをすることがおすすめです。

血流を良くするには、体を温める食べ物や水を摂取することを心がけましょう。

サプリメントもおすすめです。血流改善に役立つと言われているサプリメントもありますので、ぜひ試してみてください。

ホルモンバランスの乱れ

生理前になるとプロゲステロンと呼ばれるホルモンが急激に増え、誰でもホルモンバランスは生理前には乱れやすくなるのですが、急激にプロゲステロンが増える時にカルシウムやビタミンBが不足していると、腰痛にもなりやすくなります。

ホルモンバランスが乱れる原因は、ストレスや睡眠不足など様々です。

解決方法は、自分が少しでもストレスフリーになれるような環境を作ることと、カルシウムやビタミンBを心がけた食生活をすることです。

プロスラグランジンの分泌

プロスタグランジンとは、生理の時の経血をスムーズに行うため、子宮を収縮させる物質です。

このプロスタグランジンは、痛みが分かりやすくなるというあまり嬉しくない働きがあるのです。

そんな全くありがたくないこの物質は、生理前になると徐々に量が増えていきます。
そのため、普段から少し腰に違和感を覚えている人は生理前に腰痛がはっきりと現れやすいのです。

 

このように、生理前の腰痛の原因は1つではありません。しかし、改善策がちゃんとあることはありがたいですね。また、ツボを刺激することも腰痛改善に繋がるといわれています。

・内分泌→耳の穴の下にあるツボ。生理痛に効果があります。
・神道→両脇から背中に向かって交わる所。ホルモンバランスを整えます。
・腎愈→腰に手を当てた時に、背中の正中線から左右4㎝離れが所。腰痛改善に繋がります。
・腰腿点→人差し指と中指の間、薬指と小指の間の2点があります。腰痛改善に繋がります。

激痛の場合は要注意!

しかし、腰の痛みが耐えられない程の痛みであったり、生理がきてもその痛みが治まらない時には月経前症候群(PMS)ではなくもっと他の病気が隠されている可能性があります。

他の代表的は病気には、「子宮内膜症」「子宮筋腫」「月経困難症」があります。

子宮内膜症

子宮内膜症はこじらせると不妊の原因にもなるため早めの治療が大切です。この病気は子宮の内膜に似たような組織が卵巣や子宮の周りで増えることにより、生理が来ると子宮と同じように出血をします。腰痛だけではなく腹痛もあり、とてもひどい痛みになると言われています。

子宮筋腫

子宮の筋肉に出来る良性の腫瘍です。この腫瘍は大きくなる可能性があり、大きくなった腫瘍は経血量を大量に増やす可能性が高まります。

経血量が増えるため、腰痛以外にも貧血にもなりやすいです。

月経困難症

はっきりした原因は分かっていませんが、骨盤内での鬱血やホルモンバランスの乱れからひどい痛みを生じる病気です。

上記の病気の場合は、腰痛だけではなく激しい腹痛があったり経血量が多くなるのが特徴です。

このような症状がある場合は、婦人科を受診するようにしましょう。

婦人科を受診する時には、内心を行いますので初めは恐いと思う人もいるかもしれませんが、このような病気は早期に治療することがとても大切になります。

適切な治療をすることで、病気がこれ以上重症化することを防ぐことができます。

毎月の痛みは本当に辛いものですし、ちゃんと治療してもらいましょう。

生理前の腰痛まとめ

生理前の腰痛は、月経前症候群という名前がついている病気だということが分かりました。

この月経前症候群の原因は、骨盤の歪みやホルモンバランスの乱れ、プロスタグランジンの増殖が原因として考えられています。

それぞれ改善方法がありますので、試してみてくださいね。

しかし、腰痛がかなりひどい場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、月経困難症と言った不妊に繋がりやすい病気の可能性もあります。

あまりにも症状がひどい場合は、婦人科を受診しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今年、横浜DeNAベイスターズを破り見事日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。そんなソフトバンクを…
  2. 野球ボール 空
    早いもので2017年も残すところあと僅か。球界はオフシーズンに突入しています。来年に向けて英気を養っ…
  3. 羽生 アイキャッチ
    羽生選手、金メダルおめでとうございます!!! 宇野選手、銀メダルおめでとうございます!!! …
  4. スノーボード
    平昌五輪が開幕し、選手たちの熱い戦いが繰り広げられていますね! 実は私も今、テレビでフィギュア…
  5. マザーテレサ
    「マザー・テレサ」という名前を知らない、という方はまずいないでしょう。 生涯を通じて世界の貧し…
  6. 野球
    みなさんこんにちは。今回は横浜DeNAベイスターズに所属する桑原将志(くわはら まさゆき)選手につい…
  7. 宇野昌磨GPフランス大会2017
    さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。 順位は以下の通りでした。 【男子…
  8. マヤ文明
    メキシコにある世界最大の水中洞窟で、マヤ文明の遺跡や化石が発見されました。 このことが発表されたの…
  9. ザギトワ フリー
    平昌オリンピック、フィギュアスケート女子フリースケーティングが終了しました。 金メダルはOAR…
  10. 銀のいす
    世界中の子どもたち、そして大人たちにも親しまれている「ナルニア国物語」。 今回は、その第4巻、…

ピックアップ記事

  1. 自動運転
    こんにちは。 私は最近、「早く自動運転車が実用化されないかなー」といつも考えています。 …
  2. 四科のまとめ 社会
    2018年度中学入試まであと少しとなりました。 1月入試がある学校は、もう試験が済んでいるところも…
ページ上部へ戻る