球界を代表する左腕・和田毅選手がすごい!活躍の秘密はストレート?

今年、横浜DeNAベイスターズを破り見事日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。そんなソフトバンクを引っ張る投手といえば、和田毅(わだ つよし)選手ではないでしょうか。
2016年に日本球界に復帰し、鷹ファンを熱狂させている和田選手。今回はそんな和田選手についてまとめましたのでご覧ください!

和田選手のプロフィール

プロ入りまで

和田選手は1981年2月21日に生まれました。
野球を始めたのは小学校1年生の時です。小さいころから野球漬けの毎日を送っていたのかもしれないですね!
高校2年の時には、エースとして甲子園に出場しています。初戦で負けてしまいましたが、当時から実力があった投手だったということが分かりますよね。
その後は名門早稲田大学に進学します。そこでもエースとしてチームを牽引しました。江川卓さんが持っていた六大学奪三振記録を更新しています!当時から三振を多くとる投手だったんですね。
22歳の時に福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)にドラフトで指名され、悲願のプロ入りを果たします!

若いころからチームに貢献!

和田選手は1年目から大活躍しています。
ルーキーイヤーである2003年の4月1日にプロ初登板を果たすと、その年14勝(5敗)を挙げ、新人王に輝きました!新人王の選出は記者さんの投票で行われるのですが、なんと満票を獲得しました。文句のつけようがない活躍ぶりだったことがわかりますね。ちなみにこの年チームは日本一を手にします。第7戦までもつれた最終戦の先発マウンドを託されたのは和田選手でした。それだけ首脳陣の信頼が厚かったのですね。しかも完投し、胴上げ投手になりました。勝たなければいけない試合で最大限の実力を発揮したわけですから、大舞台にも強かったんですね。
2年目以降もチームに貢献し、常勝軍団を引っ張りました。2年目の2004年から2011年までの勝利数は14→10→12→14→12→8→4→17→16と毎年コンスタントにチームに貢献していたことが分かりますよね。

チームのエースから日本のエースに!

和田選手は、日本代表にも多く選ばれているんです!
2004年のアテネオリンピック、2006年のWBC、2008年の北京オリンピックの日本代表に選ばれました。日の丸を背負って躍動する左腕に、多くの人が釘付けになったことでしょう。

渡米から日本球界復帰

日本で華々しい成績をあげた和田選手は、アメリカメジャーリーグに挑戦しています。
2010年に17勝をマークし、最多勝のタイトルや、シーズン通して最も活躍した選手におくられるMVPにも選出され、チームの優勝に大きく貢献しました。
翌2011年も16勝をマークし、オフには和田選手はメジャー移籍を表明し、オリオールズに移籍しました。野球の本場米国でプレーするという野球選手の夢を果たした形になりますね!
アメリカでの活躍が期待された和田選手ですが、なかなか思うような結果を残せませんでした。怪我の影響で、移籍から2年連続でメジャーでの登板を果たせませんでした。2014年からはカブスに移籍し再起を誓いましたが、2年間を通じて5勝しか挙げることが出来ませんでした。その年のシーズンオフ残念ながら戦力外通告を受けてしまい、その後メジャーリーガー生活にピリオドを打ち、2016年シーズンから5年ぶりに福岡ソフトバンクホークスに復帰しました。
移籍1年目の2016年は15勝5敗という好成績をあげました。日本球界に復帰してもなかなか結果を残せない選手が多い中、移籍初年度でこのような成績をあげたことはアッパレ!の一言ですね!
2年目の2017年シーズンは故障の影響で、8試合の当番にとどまってしまいました。しかしその中でも防御率2.49と、登板した際にはきっちり仕事を果たしました。また日本シリーズにも先発しています。8試合しか投げていないものの、日本シリーズのマウンドを任されるということは、やはり首脳陣からの信頼は厚いということですね!
2017年まで和田選手は、242試合に投げ126勝66敗、防御率3.11をマークしています。また、1520個もの三振を奪っています。1試合あたり6.2個の三振を奪っていることになります!

野球だけでなく社会貢献もしている!?

このような華々しい成績をあげている和田選手ですが、実は社会貢献もしているんです!
2005年から和田選手はワクチン支援活動を行っています。その内容とは
・公式戦での投球1球につき10本
※勝利投手になった場合、1球につき20本。完投勝利となった場合、1球につき30本、完封勝利となった場合、1球につき40本に変更。
・チームがリーグ優勝した場合、10,000本を加算
・クライマックスシリーズを優勝した場合、10,000本を加算
・日本シリーズを優勝した場合、10,000本を加算
・個人タイトルを獲得した場合、1タイトルにつき10,000本を加算
といた具合になっています。
渡米までのワクチン約38万人分、金額にして約2,000万円分になります!
このことは「僕のルール」として、AC広告にも取り上げられ話題になりましたので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。
この支援は、日本球界復帰した2016年に活動が再開されました。
野球で子どもたちに夢を与え、恵まれない世界の子どもにも勇気を与えるなんて、和田選手はプロ野球選手の鑑といえますよね!
来年以降も活躍して、数多くの子どもたちにワクチンを送ってほしいですよね!

活躍の秘密とは?

これまで華々しい成績を納めてきた和田選手ですが、なぜこういった活躍が出来たのでしょうか?
和田選手の一番の特徴であり、武器ともいえるのが「伸びのあるストレート」といわれています!
左腕から投げ込まれる球は140キロ程度ですが、バットは空を切ってしまいます。2016年のストレートの空振り率(ストレートを投げ、空振りを取った割合)は10.7%と、10球に1球は空振りをとっています。空振りを多くとる投手といえば、大谷翔平投手や菊池雄星投手のように150キロを超える速球をばんばん投げるイメージですが、そうではないんですね!
なぜ剛速球を投げるわけでもないのに空振りがとれるのでしょうか?
それは、和田選手の投球フォームに秘密があったんです!
和田選手のフォームは、テイクバックが小さい上に、打者から球の出所が見にくく、球持ちが良いといわれています。そのため直球にスピンが生まれ、球速表示以上にスピードを感じ、結果的に空振りがとれています。
和田選手のような技巧派の投手には理想的なフォームともいわれ、プロ・アマ問わず多くの選手からお手本とされています。実際試合前に、他チームの若手投手が和田選手にアドバイスをもらっている姿が目撃されています。
このストレートに加え、スライダーやチェンジアップなどの多彩な変化球で並み居る強打者を巧みに翻弄し、これまでの好成績をおさめたというわけです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
チームにも、社会にも大きな貢献をしている和田毅投手から来季以降も引き続き目が離せないですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 馬と少年
    ファンタジー大作、ナルニア国物語。 小学生の頃に親しんだという方も多いのではないでしょうか。 …
  2. 異常気象
    近年、世界では猛暑や干ばつ、洪水の多発、ハリケーンの強大化など、気候変動が顕著になっています。 …
  3. 野球ボール3個
    11年ぶりのBクラスに沈んだ2017年の読売ジャイアンツ。チームの若返りを図るべく戦力の整備を始めて…
  4. 江ノ電
    家庭教師をやるとき、正直一番教えやすいのって「特別賢いというわけではないけれど、ある程度理解力があっ…
  5. 納豆
    納豆にはどんな栄養分が含まれている?? 「栄養価が高い」と人気の納豆ですが、具体的にはいったいどん…
  6. この週末は、フィギュアファンにとっては熱い週末でした。 なにしろグランプリシリーズの最終戦であ…
  7. 貞観政要
    世界史を学んでる、あるいはかつて学んだ皆さんにとって、唐の二代皇帝太宗(李世民)と聞くと、どんなイメ…
  8. 紀平 フリー
    あの紀平選手がやってくれました、、、!! ジュニアグランプリファイナルの女子フリースケーティン…
  9. 鼻がつまるし目はかゆいしくしゃみが止まらない。。。 この時期になると花粉症でつらい思いをされて…
  10. うつ
    近年、「うつ」「抑うつ」という言葉をよく耳にするようになってきました。 これらが精神的な病気で…

ピックアップ記事

  1. お金2.0
    『お金2.0』という本をご存知でしょうか? 去年発売され、これからの経済をわかりやすく解説した…
  2. 家なき娘
    『家なき娘』(『家なき少女』)という小説をご存知でしょうか。 もしかしたら、「ペリーヌ物語」と…
ページ上部へ戻る