巨人の亀井善行に注目!ジャイアンツの来季キーマンかも!?

ボール、芝

今年30億円もの大金をかけたにもかかわらず、リーグ4位という順位に沈んだ読売ジャイアンツ。お金を持っているチームが必ずしも強いわけではないことが証明された形になりましたが、それでもやはりジャイアンツの選手、G党の方々は悔しいシーズンになったのではないでしょうか。
本日は、来シーズンに巻き返しを図る巨人の背番号9亀井善行(かめい よしゆき)選手に注目したいと思います。走攻守3拍子がバランスよくそろった貴重な選手ですから、今の巨人に必要な戦力です!

亀井善行とは…?

亀井善行。そう言われて、ピンとくる方はどれくらいいるでしょうか?もちろん熱心なプロ野球ファンや、ジャイアンツファンはご存知かと思いますが、巨人以外のチームのファンや、最近プロ野球に興味を持った方はご存知ないかもしれません。それもそのはず、あくまで私個人的なイメージですが、亀井選手は玄人向けの選手だからです(亀井選手ファンの方々にしてると、この表現はひょっとしたら失礼かもしれませんが…)。
しかし、亀井選手は巨人になくてはならない存在です。同僚の坂本勇人選手や阿部慎之助選手のような派手さはありませんが、ここぞの時に頼りになる、そんなプレーヤーです!

どんな成績をあげているの?

亀井善行(本名:亀井義行)選手は1982年7月28日に生まれました。
小学校の時に野球を始め、中学校時代に日本代表を経験します。高校時代には選抜高等学校野球大会に出場しました。このころから全国レベルの選手だったんですね!
そして進学した中央大学時代も、世界大学野球選手権大会の日本代表に選ばれました。アマチュア時代から、まさに日本を引っ張る存在だったんですね!
その後2004年秋に行われたドラフト会議で読売ジャイアンツから4位指名を受け、晴れてプロ入りを果たします。ちなみにこの時の背番号は25でした。ダルビッシュ有投手や涌井秀章投手といった、後に球界を代表する右腕となる選手も今年に指名を受けています。
ルーキーイヤーの2005年は、2軍で.320という高い打率を残します。そして、同年7月9日対広島戦でプロ初出場を果たします。その試合でいきなりヒットを放ちました!同月13日にプロ初打点を挙げるなど、期待の若手として一躍スポットライトを浴びました。
活躍が期待された2006年は、開幕戦にスタメン起用され3安打4打点と活躍しました。また6月29日にプロホームランを放ちました!しかし活躍も長続きせず、65試合の出場にとどまりました。
翌2007年は1番打者候補として始まりましたが、思うような結果を出せず、20試合の出場で打率.158という成績にとどまってしまいました。
勝負の年、2008年は96試合に出場し、打率.268を残しました。数字を見ると物足りない印象を抱くかもしれませんが、4月3日の中日戦では、高橋由伸選手(現巨人監督)、小笠原道大選手(現中日2軍監督)と共に3者連続本塁打や、クライマックスシリーズで7安打(打率5割)を放つなど、随所で持ち味を発揮し、チームのリーグ優勝に貢献しました。
2009年には、第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)の日本代表に選ばれました!これは守備力を高く評価されてのものでした。短期決戦では守備力が非常に大切になるといわれていますので、亀井選手のような守備力は貴重だと思われたんですね。ご存知の通り、日本は優勝を果たし世界一に輝きました!第1回大会に引き続き連覇を果たせたのも、亀井選手がいてからこそだったかもしれませんね。
レギュラーシーズンでは、WBCの勢いそのままに活躍をしました。開幕ではライトのポジションでスタメン出場すると、4月25日では、逆転サヨナラ3ランを放ちました!中盤以降は一塁手として5番バッターに定着しました。
最終的には、シーズン25本塁打、打率.290を記録し、初の規定打席を記録しました。さらに、球団記録となる3本のサヨナラホームランも記録しました!日本シリーズでも勝負強さを発揮し、優秀選手賞を受賞しました。
守備も評価され、初のゴールデングラブ賞も受賞するなど、転機の年となりました。
2010年には三塁手へのコンバートが決まりました。これは当時の原辰徳監督が「類稀なる起用さがある」と評価したために実現したものでした。一番近くで見ている監督からそういったことを言われたのは、喜ばしいことですよね。
2015年にはプロ入り初の四番打者を任されました!長く続くプロ野球球界を見ても、ジャイアンツの四番打者を務めたのは84人(当時)しかいない訳ですから、亀井選手が歴史に名を刻んだといっても過言ではありません。
度重なる故障に悩まされたものの、ファースト、サード、レフト、センター、ライトを守り、勝負強いバッティングで活躍しました。

貴重な戦力、その理由とは…

これまで年間を通じて活躍した年こそ少ないものの、今や巨人に必要不可欠なピースになっています。その理由は類稀なる守備力や、勝負強い打撃にあります!

高い守備力

高い守備力を誇る亀井選手は、外野手の登録でありながら、一塁や三塁も守ることができます(現在は本人たっての希望で外野手に専念しているとのことですが)。
遠投115メートルの強肩(入団時からこの記録をだしていました!)と、広い守備範囲でチームのピンチを幾度となく救っています。 外野での守備率は驚異の.992です。特にこの肩の強さは、2009年のWBCで一緒になったイチロー選手も舌を巻くほどでした。

勝負強い打撃力

亀井選手の勝負強さも大きな武器になっています。2009年には球団記録に並ぶシーズン3本のサヨナラホームランを放ちました。また、幾度となく決勝のタイムリーやホームランを放ち、2017年の得点圏打率は3割後半を記録し、勝負強さを発揮しています。

来年はどうなる?

このように高いポテンシャルを誇っている亀井選手の来季の立場はどうなるのでしょうか。
あくまで私個人の予想ですが、亀井選手は代打や守備固め、代走のスーパーサブとして活躍するのではないかと思います!
代打の切り札として、終盤の勝負がかかった場面でバッターボックスに入るだけで、相手投手には大きなプレッシャーになると思います。
守備では、長打になりそうな打球を守備範囲の広さで捕球したり、強肩でランナーを刺したりすることに期待します。
また意外に知られていませんが、亀井選手は一塁到達3.87秒を誇る俊足なんです。大事な場面で代走でとして出場し、塁上をかき回してくれることに期待します!
しかし亀井選手にも懸念点があります。それは、怪我です。亀井選手は今までシーズンを通して100試合以上出場したこと3度しかありません。その原因は故障です。怪我をしてしまっては、高いポテンシャルも発揮できません。来季以降は体を強くして、一年間フルで一軍に帯同できるようにしてもらいたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
来季、走攻守3拍子揃った亀井選手が活躍すればするほど、ジャイアンツが優勝に近づくのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事

球界を代表する左腕・和田毅選手がすごい!活躍の秘密はストレート?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 四科のまとめ 社会
    2018年度中学入試まであと少しとなりました。 1月入試がある学校は、もう試験が済んでいるところも…
  2. パソコン
    こんにちは。 ブログを訪問していただきありがとうございます。 タイトルの通り、この記事は…
  3. マヤ文明
    メキシコにある世界最大の水中洞窟で、マヤ文明の遺跡や化石が発見されました。 このことが発表されたの…
  4. 異常気象
    近年、世界では猛暑や干ばつ、洪水の多発、ハリケーンの強大化など、気候変動が顕著になっています。 …
  5. オリコン1位の英会話スクールとして有名なGaba。 電車の中の広告でもよく見かけますが、どのような…
  6. できる子図鑑 社会
    中学受験での苦労の一つ、社会の暗記。私も経験したので分かります。膨大ですよね。 たまに暗記が得…
  7. スノーボード
    平昌五輪が開幕し、選手たちの熱い戦いが繰り広げられていますね! 実は私も今、テレビでフィギュア…
  8. 村田修一
    ワールドベースボールクラシック(WBC)から始まり、福岡ソフトバンクホークスの日本一で幕を閉じた20…
  9. 昨日25日、待ちに待った大河ファンタジー、『精霊の守り人』最終章(シーズン3)が、遂にスタートしまし…
  10. 今年、横浜DeNAベイスターズを破り見事日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。そんなソフトバンクを…

ピックアップ記事

  1. 桜
    最近は春を感じる暖かい日が多いですね。 今週末にも桜が開花するという予想も出ています。 …
  2. 統合失調症1
    統合失調症とは、脳の前頭葉、側頭葉、大脳辺縁系などの機能に異常が見られる病気で、原因はまだはっきりと…
ページ上部へ戻る