クラウドワークスって稼げるの??使ってみた私が答えます。

ライティング

最近は副業が流行っていますね。
その中でも人気なのが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングと呼ばれるサービスではないでしょうか。

この記事を見ているあなたはおそらく、クラウドワークスで既に仕事をした人の評判が知りたくて、検索したんだと思います。

私も以前、クラウドワークスとランサーズの両方に登録し、仕事を受注したことがあります。
ただ、ランサーズは、個人的にシステムが使いづらいと感じたので、登録しただけで実際に受注はせず、発注したのも1回きりです。

クラウドワークスでは、システム的には非常のい明快で使いやすいと感じました。
ただ仕事内容や報酬的には・・・うーん・・・。

そこら辺について、これから詳しく説明していこうと思います。

クラウドワークスには、どんな仕事があるの?

まず、クラウドワークスの仕事内容を見ていきましょう。

クラウドソーシングでの在宅ワークというと、ライターを思い浮かべる人が多いと思いますが、ライターの他にも、様々な仕事の募集があります。

クラウドワークスには、ブログ記事作成などのライティングはもちろんのこと、Webデザインやシステム開発、イラスト作成や動画・画像編集など、色々なお仕事が募集されています。
また、データ入力などの簡単な作業もありますね。

募集や応募の方法は極めて簡単です。
クライアントは、「新し仕事を依頼」というボタンを押し、「依頼」を作成します。
このとき、予算や募集対象、作品を仕上げるうえでの注意書きなどを公開し、ワーカーを募集します。
そしてワーカーは、たくさんの「依頼」の中から自分ができそうなものを選び出し、クライアントに応募します。

私は技術的にライティングくらいしかできることがありませんので、ライターとしていくつかお仕事をしました。

ここからは、私の経験の範囲内ではありますが、クラウドワークスでのライターの仕事内容、作業量、待遇などについて、感じたことを書いていきたいと思います。

私が受けた仕事内容とその待遇

私が受けた仕事内容は、大きく分けて2つに分かれます。
一つは個人でやってらっしゃるクライアントさんのお仕事、もうひとつは、企業さんが募集しているお仕事です。

前者の個人のクライアントさんのお仕事のときは、ライターに対する制限が少なく、ライティング内容も比較的自由な内容が書ける、という印象でした。
もちろん、個人のクライアントさんでも、詳細に内容を規定されている案件もあるかもしれませんが、全体的にみると、個人で募集されている方のほうが、自分なりに自由に書くことが許される、という印象でした。

一方、企業さんが募集されている場合、そうはいかないことが多いです。
まず、仕事を効率よく進めるため、チャットワークなど外部のサービスに登録する場合が多いです。
また、たいていの場合、ライティングの規則が非常に厳しく設定されており、慣れるまで、マニュアル通りの記事を作るのが非常に大変で、時間もかかると思います。
一文字あたりの文字数や改行場所、キーワードの使用回数、画像の添付のしかたなども細かく設定されており、それをクリアしていなければ突き返されてしまうことも。
慣れてからも、制限が多いので、あまり自由にライティングをすることができません。
たとえば、今私は、ほとんど止まることなくこの記事を思いつくままにサクサク書き進めていますが、企業のクライアントさんの仕事を受注していたころは、一行書くたびに立ち止まり、また一行書いては立ち止まり、という感じでした。
そのため、今15分あれば1000文字は書けるのに対して、あの頃は1時間半くらい、場合によっては2時間ほどかけて1000文字書いていました。

次に報酬に関してですが、正直、あまり恵まれているとは言えないと思います。
例えば、一文字0.1円を切るような案件も沢山あるのです。
一文字0.1円ということは、1000文字書いても100円、3000文字書いても300円にしかなりません。

ただ、全部が全部そんなに単価が低いというわけではなく、平均すると大体文字単価0.3円くらい、という印象です。
しかし気をつけなくてはならないのは、自由にサクサク書く場合の文字単価0.3円と、マニュアルに沿って、細かい規定を厳守しなければならない場合の文字単価0.3円は、感覚的にも、時給換算で見ても、全く違うということです。
例えば、1000文字書いて300円、という案件があるとします(実際に私が受注した案件です)。
この場合、文字単価に換算するとぴったり0.3円ですが、私がこの仕事を引き受けるかどうかは、仕事内容によって異なります。
極端な話、自分の好きなテーマについて、比較的自由に書いていいのなら、15分程度で済みますから、この仕事を引き受けると思います。
300円からシステム手数料を引いて、おそらく受け取るのは260ですが、15分で260円なら時給換算して1040円ですから、在宅ワークとしては悪くありません。

ただ、これが、厳しいマニュアル付きの、がちがちに制限された案件、しかも、見出しごとに自分で画像を探して添付しなければならない案件だったとしたらどうでしょう。1記事書くのに1時間半くらいかかって、260円じゃたまったもんじゃありません。時給換算したら173円です。
どこかの日雇いバイトに行って時給1000円もらった方がずっとましですよね。

このように、同じ文字単価でも、案件によって難易度が全くちがいますので、そのあたりには注意しておきましょう。
ただ、案件を選んでばかりいると、そればっかりに時間を使ってしまって、結局単価の低いお仕事一つでも二つでも受けた方がまだましだった、なんてことになりかねません。
そのあたりも、初心者ライターにとっては難しいところです。。。

実績あるライターは好条件で執筆可能

これまで説明してきたのは、ライター初心者、もしくは初級者の場合の話です。
クラウドワークスでたくさんの実績を積み、ライターとして腕を磨いていけば、個人的にクライアントさんから「スカウト」されることも多くなってきます。
「スカウト」というのは、クライアントが、不特定多数のライターに募集をかける通常の形とは異なり、特定のライターに、仕事をしてくれないかと直接声をかけることです。
実際、実績あるライターである「PRO Crowd Worker」の人たちは、たくさんのスカウトを受けています。
スカウトされるということは、クライアントが、ぜひそのライターに仕事を頼みたいと思っているというわけですから、単価の交渉もしやすく、自分の望む報酬額に近づけることも難しくはないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お伝えしてきました通り、ライターとして駆け出しの頃は、良い案件に巡り合うのは難しく、好条件で仕事をするのは難しそうです。
結果的に、「思ったより全然稼げないじゃん」と思われるかもしれません。
しかしそのつらい時期を乗り越えてたしかな腕をつけ、実績あるライターとして認められれば、高収入を得る道も開けてくるでしょう。
実際、クラウドワークスで月20万円以上稼いでいるライターさんもかなりいるとのことです。
副収入として、月20万円入ってきたらかなり嬉しいですね!

以上、クラウドワークスについて(主にライターの仕事について)お伝えしました。

あわせて読みたい記事

【家庭教師バイト】知っておきたい!条件のいい案件の探し方

時間のある大学生必見!!私がオススメする3つのバイトとは??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ボール、芝
    今年30億円もの大金をかけたにもかかわらず、リーグ4位という順位に沈んだ読売ジャイアンツ。お金を持っ…
  2. medvedeva
    平昌五輪が終わり、女子ではロシアの15才の新星、アリーナ・ザギトワ選手が優勝しました。 世界選…
  3. 銀座カラー
    日に日にあたたかくなっていくこれからの時期、肌を出す機会も増えてきますよね。 「自己処理大変だ…
  4. 自動運転
    こんにちは。 私は最近、「早く自動運転車が実用化されないかなー」といつも考えています。 …
  5. 宇野昌磨GPフランス大会2017
    さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。 順位は以下の通りでした。 【男子…
  6. 世界史1
    「教養として世界史の知識を身につけたい」「世界で今起こっていることをもっと深く理解するために世界史を…
  7. スケート靴2
    みなさん、スケートはお好きですか? 「滑らないけど、観るのは好き」という方は多いかもしれません。 …
  8. 昨日25日、待ちに待った大河ファンタジー、『精霊の守り人』最終章(シーズン3)が、遂にスタートしまし…
  9. 片岡やすゆき
    2017年シーズンは福岡ソフトバンクホークスが日本一に輝き、ストーブリーグに突入しました。海を渡る選…
  10. スケート靴3
    さて、平昌オリンピック開幕までもう3か月を切っていますね。 今回注目するのは、五輪代表候補でも…

ピックアップ記事

  1. 音楽
    勉強やスポーツを頑張っているとき、気持ちがのっている間はいいのですが、どうしてもやる気がでなかったり…
  2. コストルナヤ
    みなさんこんにちは。 世界ジュニアが近くなってきましたね、、、!! 今回ご紹介するのは、…
ページ上部へ戻る