引退した元巨人片岡治大選手は盗塁の名手!あの原監督も惚れ込んだ!?

片岡やすゆき

2017年シーズンは福岡ソフトバンクホークスが日本一に輝き、ストーブリーグに突入しました。海を渡る選手や、新天地で復活を期す選手などたくさんいますが、惜しまれつつユニフォームを脱ぐことになった選手もいます。今回は、今年でジャイアンツノユニフォームを脱ぐ片岡(かたおか)選手について調べましたので、是非ご覧ください!

片岡選手の華々しい成績

片岡選手は12年間プロ野球界で活躍し、華々しい成績をあげています!

プロ入りまで

片岡治大(本名:片岡保幸)選手は、1983年2月17日に千葉県で生まれました。3人兄弟の末っ子でした。

高校は栃木県内の強豪校に進学しています。片岡選手の2人の兄はそれぞれ同校で活躍して有名で、「片岡3兄弟」として名を馳せています。
3人兄弟そろって活躍しているとは、片岡選手のお宅はスポーツ一家だったんですね!
甲子園には1度出場しています。

高校を卒業すると社会人野球チームに進み野球を続けます。
そして2004年秋のドラフト会議で西武ライオンズから指名を受け、晴れてプロ入りを果たします!

西武ライオンズ時代

西武ライオンズに入団した時から、片岡選手には大きな期待がかかっていました。
入団1年目から往年の名選手石毛宏典さんや、松井稼頭央(2018年より西武に復帰)選手といった、そうそうたる面々がつけていた背番号7を与えられます。
この背番号が、球団からの期待の大きさがうかがえますよね!ちなみに入団当初の登録名は「片岡易之(かたおかやすゆき)」でした。

プロ1年目の2005年は5月1日にプロ初スタメン出場を果たします。
シーズンを通して二塁手または遊撃手として81試合に出場し、打率.263、6盗塁を記録しました。来年以降の活躍を予感させる働きだったと思います。

2年目の2006年は5月末にレギュラーに定着すると打率.292をマークしました。また8月2日、3日に2試合連続で3盗塁を決めるなど、自慢の足でもチームに貢献しました。

2007年は2番セカンドで初の開幕スタメンの座をつかみ、シーズン通して38個の盗塁決め、初の盗塁王を獲得しました!
1か月程怪我の影響で戦線を離脱していたのにもかかわらずタイトルを獲得するのは素晴らしいことですね!

そして2008年。この年チームはリーグ優勝、日本一を果たします!片岡選手自身も、開幕からリードオフマンを任されます。
前半戦だけで自身の前年までの盗塁数を上回り、選手間投票で初のオールスターゲームに選出されるなど、リーグを代表するトップバッターになりました。
後半戦も走りに走り、2年連続で盗塁王に輝きました!
また打撃面でも、同僚の栗山選手と一緒に最多安打のタイトル(167安打)を手にします。
得点圏打率も.382を誇りました。この数字はリーグトップの数字です!
打つ方でも、走る方でもチームの優勝に貢献したということが分かる数字ですよね!

2009年のシーズンは、開幕前にワールドベースボールクラシック(WBC)の代表に選ばれます!
WBCでの活躍は後述しますが、その後のシーズンも活躍しています。51盗塁をマークし、3年連続の盗塁王に輝きます。
しかも、終盤である9月20日からの6試合で10個の盗塁をマークするなど、足においても勝負強さを発揮しました。

2010年にも走攻守にわたってチームを牽引します。
開幕当初こそ不調だったものの、オールスターゲームに選出されると、第2戦では4安打を放ちMVPに輝きました!
8月24日には、福本豊氏以来となる3年連続50盗塁を達成します。最終的に59個にまで数を伸ばし、4年連続で盗塁王に輝きました!
打っては自己最高の打率.295、出塁率.347をマークします。

2011年は度重なる怪我の影響で22盗塁にとどまり、5年連続の盗塁王を逃してしまいました。

2012年、2013年も故障が続き、思うような成績をあげることが出来ませんでした。

そして2013年シーズン終了後FA宣言をし、西武ライオンズに別れを告げました。

ジャイアンツ時代

2013年12月に読売ジャイアンツでの移籍が発表されました。

移籍初年の2014年は、開幕戦で移籍初安打をホームランで飾りました。
最終的には126試合に出場し、チームトップの24盗塁をマークしました。
レギュラー定着を意味する規定打席への到達も果たしました。
巨人の二塁手が規定打席に到達するのは、2005年以来9年振りということで、移籍一年目としては及第点の成績といえるのではないでしょうか。

2015年4月16日に通算300盗塁を達成しました!
しかし怪我の影響で、シーズン通したチームに帯同することができませんでした。その年以降も度重なる怪我の影響で思ったような数字を残すことが出来ませんでした。
そして2017年9月30日に現役引退を表明しました。
翌日行われた引退会見では「体の方がついてこないという自覚があった」とコメントしています。
やはり一流の選手でも、体の状態をキープさせるのは容易なことではないんですね。

伝説の神走塁

片岡選手を語る上で欠かせないことがあります。それは2008年に巨人と対決した日本シリーズで見せた神がかっていた走塁です。
勝った方が日本一に輝くこの試合。西武ライオンズは1点ビハインドした格好で8回を迎えました。
先頭打者としてバッターボックスに立った片岡選手は、デットボールを受け出塁しました。(デットボールが当たった瞬間、片岡選手はぱちーんと両手を合わせていました。片岡選手がこの試合にかけていたことが分かりますね)
塁に出た片岡選手はすかさず盗塁を決めます。プレッシャーのかかった場面で盗塁を決められる度胸には感服しますね!
3塁にまで進んだ片岡選手。打席に立った中島選手が放った打球はサードゴロでした。ここで球史に残る好走塁が生まれます。中島選手がゴロを放った瞬間スタートを切った片岡選手は、三塁手が打球を掴んだ時にはもう本塁寸前でした。サードの選手は片岡選手をアウトにすべくホームに投げますが、その時にはホームを駆け抜けていました!
このプレーに解説の掛布氏は「すごい打球判断」、赤星氏は「この1点は片岡君一人でとったもの」と惜しみない賛辞を送っています。この後チームは逆転をし、日本一に輝いたわけですから、このプレーが試合の流れを変えたといっても過言ではないですね!

原監督も惚れたその技術

以上のように高い走塁技術でファンを魅了している片岡選手ですが、そのプレーは海を越えアメリカでも発揮されました!
というのも、2009年WBCの日本代表に選出されたんです!
この大会の日本代表の監督を務めたのは、当時巨人の監督もしていた原辰徳氏でした。原監督も片岡選手の走塁を高く評価していたのです。「足で代表に選んだ」と語っています。前年の日本シリーズで目の前で見せつけられた神走塁を見て、選出を決断したのかもしれませんね。ちなみに、イチロー選手もその走塁を高く評価しています。
本戦では大会を通じて.308のハイアベレージを残し盗塁も最多タイの4つ決め、日本の2連覇に大きく貢献しました!監督の期待に応える活躍だったのではないのでしょうか。

気になる今後

このように華々しい成績をマークした片岡選手の去就が気になります。解説者になるのか、はたまた野球とは距離を送るようになるのか注目が集まります。
巨人から発表されたところによると、2018年からは二軍守備走塁コーチを務めることになっています!
片岡選手の高い技術を多くの選手に伝え、チームの走塁意識を改革してほしいですよね。

まとめ

いかがでしたか?
球界を代表する韋駄天片岡選手は素晴らしい選手だったんですね。
来年以降の片岡選手の指導者としての腕を注目しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 自動運転
    こんにちは。 私は最近、「早く自動運転車が実用化されないかなー」といつも考えています。 …
  2. 宇野昌磨GPフランス大会2017
    さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。 順位は以下の通りでした。 【男子…
  3. この週末は、フィギュアファンにとっては熱い週末でした。 なにしろグランプリシリーズの最終戦であ…
  4. 腰痛
    生理前になると、ドーンとした重い腰痛があるのって辛いですよね。 “腰痛があるなぁ・・・”と思っ…
  5. 脳1
    病気や怪我で入院した患者が、認知症を患っていると、退院してもまた同じ病気や怪我で再入院するリスクが1…
  6. ダイエット
    最近は「ダイエット」を目的としたプライベートジムが沢山ありますよね。 たしかに専属のトレーナー…
  7. 予習シリーズ5年㊤ 算数
    「子どもが中学受験をしたいと言っているけれど、他の習い事もあって塾に行く余裕がない」、もしくは「塾に…
  8. medvedeva
    平昌五輪が終わり、女子ではロシアの15才の新星、アリーナ・ザギトワ選手が優勝しました。 世界選…
  9. ボール、芝
    今年30億円もの大金をかけたにもかかわらず、リーグ4位という順位に沈んだ読売ジャイアンツ。お金を持っ…
  10. 政治学
    この記事を読んでいるのは、おそらく大学生の方が多いと思います。 家庭教師のアルバイトを始めることに…

ピックアップ記事

  1. 桜
    最近は春を感じる暖かい日が多いですね。 今週末にも桜が開花するという予想も出ています。 …
  2. うつ
    近年、「うつ」「抑うつ」という言葉をよく耳にするようになってきました。 これらが精神的な病気で…
ページ上部へ戻る