宇野昌磨2位!ファイナル進出決定!グランプリシリーズフランス大会

宇野昌磨GPフランス大会2017

さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。

順位は以下の通りでした。

【男子】

1位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
2位 宇野昌磨(うのしょうま)(日本)
3位 ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

【女子】

1位 アリーナ・ザギトワ(ロシア)
2位 マリア・ソツコワ(ロシア)
3位 ケイトリン・オズモンド(カナダ)
4位 三原舞依(みはらまい)(日本)
5位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ
6位 白岩優奈(しらいわゆうな)(日本)

 

宇野選手は優勝こそなりませんでしたが、グランプリファイナルの進出が決定しました!おめでとうございます!!(*^-^*)
今回はフリーだけでは1位だったものの、ショートでのフェルナンデス選手との差を埋めることが出来ず、2位となりました。
グランプリファイナルでの巻き返しに期待ですね!

 

今年のファイナルの舞台は、宇野選手の恩師が待っている名古屋!

今年のファイナル開催地は、なんと宇野選手の地元、名古屋。
宇野選手は恩師である山田満知子コーチから、「ファイナルに出られたら、観に行ってもいい?」と言われたそうです。

山田満知子コーチとは、伊藤みどりや浅田真央を育てた名コーチで、宇野選手も幼いころから指導を受けてきました。

山田コーチも地元で教え子の勇姿が見られることとなり、大変嬉しく思っているでしょうね!!

 

グランプリファイナルは、12月7日から、日本ガイシホールで行われます。

今回の大会では、宇野選手は体調が悪く、周りからも心配されていましたが、ファイナルまでにうまく調整し、万全の状態でファイナルに臨めることを祈ってやみません、、、!

 

 

女子の結果は・・・?

女子の日本勢は、三原選手が4位、白岩選手が6位でした。

三原選手のフリーは、映画「ミッション」より、「ガブリエルのオーボエ」。このプログラムは、以前羽生選手の「ロミオとジュリエット」やキム・ヨナ選手「007」の振り付けも行った世界的な振付師、デイビット・ウィルソンが手がけました。
ブルーの衣装もとても美しかったですね。
大きなミスなくまとめたのですが、より難易度の高い構成にしている上位の選手には及ばず、表彰台に乗ることはできませんでした。

白岩選手は、惜しくも最後のジャンプで転倒してしまい、ノーミスの演技とはなりませんでした。

優勝してファイナル進出を決めたのはロシアのアリーナ・ザギトワ選手。あの世界女王エフゲニア・メドベージェワ選手と同じ、エテリ・トゥトベリーゼコーチの下で練習しています。

日々世界女王から、良い刺激を受けているのでしょうね。

そんなザギトワ選手、ショートではミスを連発してしまい、まさかの5位スタートだったのですが、フリーでは非常に難しいプログラムを完璧に滑り切り、ごぼう抜きで見事優勝しました。

 

ザギトワのすごさとは??

今年シニアにデビューし、グランプリシリーズを2大会(中国大会、フランス大会)とも制してファイナルを決めたアリーナ・ザギトワ選手。

ジュニア時代には、世界ジュニアで本田真凜選手をおさえて金メダルを獲得しました。

 

ジャンプはすべて後半!!

彼女のすごさは、なんといっても後半にかためたジャンプ。
後半のジャンプは、すべて基礎点が1.1倍になります。しかも彼女の場合は、両腕を上げて跳んだり、ジャンプの前後で難しい動きを入れたりと、加点される要素がどっさりと入っています。

あの絶対女王と言われるメドベージェワ選手でさえ、演技の冒頭に2本のジャンプを跳びます。
にもかかわらず、ザギトワ選手は、前半は一切ジャンプを跳ばず、スピンやステップ、などを行い、すべてのジャンプを体力が消耗する後半に跳びます。
そして、中国大会でもフランス大会でも、フリーは完璧な演技、ノーミスでした。

 

高難度のコンビネーションジャンプ

多くの選手が、3回転-3回転のコンビネーションのセカンドジャンプでトーループを跳ぶ中、ザギトワ選手は、ループをつけることが出来ます。
このループジャンプは、トーループよりも難易度が高く、基礎点もその分高いです。
最高難度の3回転-3回転を跳べるのは、ザギトワ選手の大きな強みですね。
そのうえ彼女は、体力が消耗する演技の後半に、しかも両腕を挙げてこの高難度ジャンプを跳ぶのです。恐ろしい。。。

 

 

フィギュア大国ロシアに対抗できる日本女子は?

ソチオリンピックで大活躍したリプニツカヤ選手やソトニコワ選手、メドベージェワ選手、ザギトワ選手など(本当はもっともーっとたくさんいます笑)、ロシアの女子は、強い選手が絶えないですね。今のジュニア世代やその下のノービス世代もすごいので、まだまだロシアが強い時代は続くでしょう。

そんなロシア勢に敵う日本選手はいるのでしょうか?

今注目されているのは、ジュニア2年目の紀平梨花選手です。
トリプルアクセルが跳べる選手として、メディアでも注目されていますよね。
先日の大会では、フリーで2本のトリプルアクセルを降りました。これは浅田真央選手以来となります。

紀平選手は、全日本選手権3連覇中の宮原知子選手や、本田真凜選手、白岩優奈選手と同じ、濱田美栄コーチの下で練習しています。
しかも彼女は、トリプルアクセルを単独で跳べるだけでなく、その後にトリプルトーループをつけることもできるんです。
トリプルアクセル-トリプルトーループなんて、まるで男子選手みたいですね!(笑)

紀平選手は、今年のジュニアグランプリファイナル進出をすでに決めています。
そして、ファイナル出場者6人のうち、なんと紀平選手以外の5人は全員ロシア・・・。
紀平選手は孤独な戦いとなりますが、ぜひトリプルアクセルを決め、実力を出し切ってほしいですね・・・!

 

 

グランプリファイナルの見どころ

さて、名古屋で開催されるグランプリファイナル。

男子の注目は、なんといっても宇野昌磨選手ですね。
羽生選手がいない中、初の世界一への期待がかかり、プレッシャーも大きいかと思いますが、ぜひそのプレッシャーを力に変えて実力を出し切り、表彰台の頂点に立ってほしいですね!

女子は、日本勢でファイナル出場の可能性が残っているのは、樋口新葉選手のみです。
11月25日に開幕するアメリカ大会の結果待ち、という状況です。

 

関連記事

世界選手権代表、日本のエース宮原知子の強さに迫る

天才フィギュア姉妹の末っ子、本田紗来の実力がヤバイ!!幼いころは英才教育??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. マザーテレサ
    「マザー・テレサ」という名前を知らない、という方はまずいないでしょう。 生涯を通じて世界の貧し…
  2. キャベツの蒸し煮
    こんにちは。 暖かくなってきましたね、、、! 今回取り上げるのは、「キャベツ」です。 …
  3. 宇野昌磨GPフランス大会2017
    さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。 順位は以下の通りでした。 【男子…
  4. 理論化学が面白いほどわかる本
    化学は、大学受験で理系を選択した人の多くが取る科目でしょう。 特に2科目選択しなければならない…
  5. フィギュア 氷
    さあ、いよいよ全日本フィギュアスケート選手権が今日開幕です!! この日を楽しみに待っていた、という…
  6. どろあわわ
    モコモコのずっしりとした泡が特徴のどろあわわは、10円玉を乗せても落ちないくらいの濃密な泡を作ること…
  7. フレナーラ
    手汗がひどいと本当につらいですよね。。。 私がこれまで手汗のせいで悩んできたことを挙げると、 …
  8. 政治学
    この記事を読んでいるのは、おそらく大学生の方が多いと思います。 家庭教師のアルバイトを始めることに…
  9. 仮想通貨
    2018年3月19日にG20が開催されますね。 今回のG20では、仮想通貨が一つの大きなテーマ…
  10. レーナ アイキャッチ
    今回は、女子格闘家のレーナ選手の強さについてお伝えしていきます。 女子格闘技、通称女子格(じょ…

ピックアップ記事

  1. 平昌オリンピックフィギュアスケート男子シングルでは、日本人の二人が金メダルと銀メダルを獲得し、歴史的…
  2. スケート靴3
    さて、平昌オリンピック開幕までもう3か月を切っていますね。 今回注目するのは、五輪代表候補でも…
ページ上部へ戻る