中学受験生の親御さん必見!苦手な損益算を小学生が克服した方法

損益算

こんにちは。現役東大生家庭教師のmakoです。

中学受験をする小学生のお子さんは、冬期講習が始まる時期ですね。

6年生は受験に向けて最後の追い込み、5年生は受験の基礎を固める大事な時期、4年生は、大切な単元をたくさん学習する5年生に上がる前に、改めて学習習慣を見直す時期になりました。

今回の記事は、主に4年生、5年生のお子さんを持つ親御さん向けになります。

中学受験をする場合、普通の小学生が勉強するよりも相当早い進度で進み、塾についていくのが大変、というお子さんも多いでしょう。
塾に行かずに家庭で学習する場合も、やはり学習しなければならない範囲は通常の小学生の比ではありませんから、やはり苦労は多いと思います。

そんな中、私が家庭教師として中学受験生を教えていて、「つまずくお子さんが多いな」と思った単元の一つが、「損益算」です。
「売買損益の問題」という呼び方もしますね。
大手塾の場合、大抵損益算は5年生の前期に学習します。小学校では「割合」すらまだ習っていない時期に、「割合」は分かっていて当然とみなされ、さらにそれを応用した「損益算」を学ばなければならないわけです。中学受験をするお子さんがどれだけ大変か分かりますね。

ですから、たとえお子さんが損益算でつまずいてしまっても、決して「なんで出来ないんだ」なんてことはおっしゃらず、「こんなに早い時期に、これだけ難しいことを勉強しているのはすごいことなんだ」とまずは認めてあげてください。
そのうえで、きちんと売買損益の問題が解けるようになるよう、優しくフォローしてあげましょう。

これから「損益算」につまずく原因や、その対策法を解説していきますので、これから損益算を学習する4年生や、すでに売買損益を学習したけれども苦手としてしまっている5年生をもつ親御さんは、ぜひ参考になさってみてください。

なぜ損益算でつまずいてしまうのか

損益算でつまずくお子さんはたくさんいますが、苦手になってしまう原因は、大きく分けて二つあります。
一つは、売買損益を解く以前の問題で、「割合」を理解しきれていないパターンです。
そしてもう一つは、「売り買い」の概念が分かっていない、というパターンもあります。
もちろん、「割合」の概念も分かっておらず、売り買いの常識も理解していない、というパターンもあります(笑)
いずれにせよ、理解できていないところを、一つ一つ潰していく必要がありますね。

「割合」の基礎ができているか確認しよう

上の2つのパターンのうち、まず「割合」についてですが、例えば、次のような問題(超初歩的な問題です)を、瞬時に解けるでしょうか。
「5年2組には、女子が16人いて、これはクラス全体のの64%にあたります。5年2組は全部で何人いますか」
この問題を見た瞬間、「16÷0.64」という式が瞬時に出てこないお子さんというのは、中学受験生であっても意外といるのです。
「考えても解けない」というお子さんはあまりいないと思いますが、「考えないと解けない」という状態もあまりよろしくありません。
この手の問題は、簡単すぎて入試問題にも出ないような、いわば「初歩中の初歩」の問題で、なにも考えなくても瞬時に、勝手に式が頭に浮かぶレベルにならなくてはいけません。

私も初めての生徒を教えた時、割合の学習を終えたにもかかわらず、この手の問題に即答できないことに気付いたときは、かなり驚きました。
そしてこんな基本的なことができないまま、先に進ませていた自分の力不足を痛感せずにはいられませんでした。

実はこの私の体験も、「売買損益」を教えていた時に起こったのです。
損益算を一緒に解いているうちに、どうもこの子は「割合」の理解が曖昧だ、ということに気づき、上のような問題を解かせたところ、しばらく考え込んだ後、まず「□×0.64=16」という式を作り、それから逆算して、「□=16÷0.64」→「□=25」と出したのです。
答えを出すのに、3~4分かかっていました。
割合を勉強し始めたばかりなら、このくらい時間がかかっても構いませんが、割合を応用した「売買損益」の問題を解いていこうというとき、こんなに悠長に時間をかけてはいられません。

そこで私は、割合の初歩的な問題に、徹底的に慣れさせることから始めました。
売買損益はいったん離れ、割合の問題をたくさん解かせるうちに、基本的な問題なら、スラスラ解けるようになりました。(一度割合を学習した時にも、大体すらすら解けるようになってはいたのですが、少し時間が経って忘れてしまっていたのです)
それから売買損益の問題に戻ったところ、つまずいていた問題も、きちんと解けるようになっていました。

売り買いの概念は子どもには難しい

いわゆる「お店」というものが、どうやって利益を出しているのか、全く理解していない子供というのは、決して少なくありません。

例えば、「お店は、売るための商品を仕入れ、仕入れる時の値段を『仕入れ値』もしくは『原価』という。そして、『原価』より高い『定価』をつけて売るが、定価で売れないときは値引きすることもある。いずれにせよ、売った時の値段を『売り値』といい、『売り値』から『原価』を引いたものがお店の『利益』となる。『売り値』の方が『原価』より安くなってしまうと、お店は損をする。」

上の「」でくくった部分は、大人の皆さんにとっては常識で、「何を今さら(笑)」という感じですよね。
でも、これを子どもが理解するのは易しいことではありません。
もちろんすんなり理解できるお子さんもいますが、理解に苦しむことも、決して珍しくはないのです。

私の生徒でも、定価を答える問題で、原価より安い値段をだして平気な顔をしている子がいました。
私が、「それじゃお店が損しちゃうでしょ」といっても、「???」という顔をしています。

そこで、私はご両親と相談して、その子(Aさんとします)に「お店」をやってもらうことにしました。
といっても、ヤフオクでものを売るだけですが(笑)

まずAさんのご両親は、「好きなものを仕入れてごらん。その時の値段が『仕入れ値』とか『原価』っていうんだよ」と教え、Aさんは2500円のかばんを仕入れました。
次に、「いくらで売る?定価をつけてごらん。」と言われたAさんは、「1万円」と言いました。

そのかばんが1万円で売れるかどうかは謎(というかたぶん無理)ですが、「2500円よりは高く売りたい」という気持ちは、Aさんもちゃんと持っていたみたいです。

驚いたことに、この体験を経たAさんは、もう2度と、「原価より安い定価」を出さなくなりました。
たとえ計算間違いをして定価が仕入れ値より安くなってしまったとしても、自分でちゃんとおかしいことに気付いて、直すようになったのです。

お子さんが損益算をどうしても理解できない、苦手だ、という場合は、ぜひこのような「生の体験」をお子さんにさせてあげてください。

まとめ

損益算につまずく原因と、その対策方法をご説明しました。
売買損益の問題は、一見難しいように見えますが、「割合」をきちんと理解し、なおかつ売り買いの概念を身につければ、きちんと解けるようになります。
ぜひ上記の方法を試し、「損益算」をマスターできるよう、手助けしてあげてください。

あわせて読みたい記事

【中学受験】暗記が苦手!!対策はどうすれば??

【中学受験】社会の暗記のコツと、『四科のまとめ』のレベル、使い方

【中学受験】国語の言語分野確認と、『四科のまとめ 国語』の使い方徹底解説!!

人気の受験算数問題集、『プラスワン』のレベル、使い方は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 坂本花織
    平昌オリンピックではフィギュアスケートの団体戦が終了し、個人戦が始まっていますね。 女子の戦いはも…
  2. この週末は、フィギュアファンにとっては熱い週末でした。 なにしろグランプリシリーズの最終戦であ…
  3. スノーボード
    平昌五輪が開幕し、選手たちの熱い戦いが繰り広げられていますね! 実は私も今、テレビでフィギュア…
  4. ザギトワ フリー
    平昌オリンピック、フィギュアスケート女子フリースケーティングが終了しました。 金メダルはOAR…
  5. 桜
    最近は春を感じる暖かい日が多いですね。 今週末にも桜が開花するという予想も出ています。 …
  6. 樋口新葉
    昨年(2017年)の全日本フィギュアスケート選手権では、平昌オリンピック代表の座をめぐって激しい戦い…
  7. フィギュア 氷
    さあ、いよいよ全日本フィギュアスケート選手権が今日開幕です!! この日を楽しみに待っていた、という…
  8. どろあわわ
    モコモコのずっしりとした泡が特徴のどろあわわは、10円玉を乗せても落ちないくらいの濃密な泡を作ること…
  9. 平昌オリンピックフィギュアスケート男子シングルでは、日本人の二人が金メダルと銀メダルを獲得し、歴史的…
  10. 教材
    こんにちは。 年度末。社会人の方はお忙しい時期ですね。 受験生だった皆さんも、本当にお疲…

ピックアップ記事

  1. トゥルソワ
    すっかり寒くなり、フィギュアスケートシーズン真っただ中ですね! グランプリファイナルでは日本勢…
  2. 家庭教師
    みなさん、家庭教師のアルバイトと聞くと、どんなイメージを持たれますか? 「楽で高時給」のイメー…
ページ上部へ戻る