ブログがネタ切れ??そうならない方法があります!!

ブログネタ

「ブログ開設初期は毎日更新しろっていうけど、そんなにネタ持たないなあ」
「すぐネタ切れしちゃうよ」
そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

私もまだまだブログ初心者ですが、ネタを切らさないことに関してだけは、よくわからない自信があります(笑)

今日は、私が普段、どんなふうにネタ探しをしているのか、お伝えしていこうと思います。

自分が悩んだことをネタにする

自分が悩んだこと、というのは、同じことをする他の人も悩む可能性が高いですよね。

そんなとき、自分が悩んだこととその解決方法をまとめて記事にしておけば、同じ悩みを持ったユーザーさんが検索して読んでくれる確率が高いわけです。

実はこの記事だってそうです。
ブログを開設して本当に間もないころ、まさに1記事目、2記事目を書いていたころは、「毎日更新するほどネタが持つだろうか」「どこかでネタ切れしてしまうんじゃないだろうか」と不安に思っていました。
そこで自分なりにネタが尽きないように色々考えたり、ネット上にあるブログの先輩たちの記事を参考にしたりして工夫しているうちに、今では1日に5個くらい、書きたいネタのストックがたまるようになっています。
時間さえあれば、毎日5記事書けるわけです。
(もちろんもっとネタ探しのうまい方はたくさんいますので、自慢できる数字ではありませんが。。。)

というわけで今、過去に自分が悩んだことを記事にしているわけです。

あと、以前こんな記事も書きました。

おすすめ世界史参考書『ナビゲーター世界史B』の使い方徹底解説!

大学受験の時、とりあえず評判の高い『ナビゲーター世界史B』を購入したものの、あまりの量の多さに圧倒され、どうやって使っていけばいいのかもわからず、途方に暮れてしまいました。
そこで、ネット上で使い方を検索したり、自分なりに効率の良いやり方ができるように工夫をしたりして、結果的に志望校合格につなげることができました。
そしてその時の経験をもとに、同じように世界史の学習法に悩む受験生に向けた記事を書きました。

世界史選択の受験生の役に立っていれば嬉しいな、と思います。

趣味やハマっていることをネタにする

このブログをざっと見ていただければわかると思いますが、スポーツに関する記事が多いですよね。
それは単純に、私がスポーツが好きだからです(笑)

特に中学生の頃からフィギュアスケートにはまっていて、シニアの選手はもちろん、ジュニアやその下のノービスの選手まで、応援している選手がたくさんいます。

また、今はすっかり有名になった本田真凜選手も、ノービスBのころ、つまり本田選手が11歳くらいの頃から応援していました。
いつか本田真凜選手についての記事も書きたいと思っているのですが、書きたいことがありすぎて10000字を超えてしまいそうなので、ちょっと躊躇しています(笑)
真凜選手の妹の紗来さんについての記事(天才フィギュア姉妹の末っ子、本田紗来の実力がヤバイ!!幼いころは英才教育??)を書く時にも、短くまとめるのが大変でした(笑)
あまり長くなると読者の方も飽きてしまいそうなので。。。

さて、話が少しそれそうになりましたが、このように自分の好きなことというのは、いくらでも書きたいことが浮かんできますよね。
「こんな記事、興味持ってくれる人いるのかな。。。」なんて考えずに、どんどん記事にしていってください。

私も実は、「これ、絶対誰も読んでくれないよな。。」と思いながら書いた記事があります。
それがこちらです。

10才の天才歌手、セリーヌ・タムがすごい!!他の歌手と比べてみた

セリーヌ・タムちゃんはたしかにすごいけれど、まだ世界的歌手、というところまではいっていないし、正直よっぽど歌が好きな人じゃないと興味持ってくれないだろうな、と思っていました。
しかもたとえセリーヌちゃんが検索されたところで、こんな弱小ブログはものすごく順位が低くて訪問してもらえないだろう、と悲観していたんです。
でも大好きな歌手なので記事にしました。

そしたらどうでしょう。
今ではこの記事が、このブログの一番の人気記事になっていますし、「セリーヌ・タム」で検索すると、この記事が6位に出てきます。
自分でもこの結果にはすごく驚きましたし、はっきり言ってとても嬉しい誤算でした。

ひたすらセリーヌちゃんの魅力や、ライブの動画を載せまくっただけなので、質の高い記事とは言えないかもしれませんが、自分の好きな歌手なので詳しく書いていますし、ユーザーさんの滞在時間も長くなったのかもしれません。

皆さんも、自分の趣味についての記事を書くのを恥ずかしがらずに、どんどん記事にしてみてさい。
私のように、嬉しい誤算があるかもしれません。
それに何より、自分の趣味についての記事は、「楽しく書ける」というのが一番のメリットだと思います。
自分が楽しみながら書いた記事というのは、文面も全体的に明るくなると思いますので、読者の方も読んでいて楽しくなるのではないでしょうか。

逆に、自分が「つまらない、苦痛だ」と思いながら書いた記事は、えてして読んでいてもつまらないものになりがちだと思います。

例えば私の場合、その最たる例が以下の記事です。

意外と知らないビタミンDの働きを徹底解説!摂り方や適切な摂取量は??

「健康」というのは、常に多くの人が関心を持っている話題ですし、ちょうどある雑誌でビタミンDの話題が取り上げられていたので、自分の勉強もかねて、記事を書いてみることにしました。

しかしその感想は、「つらい」のひとこと。
書いていて、まったく楽しくありませんでした。まるで嫌いな授業のレポートを書いているときのような気持ち、と言えばわかりやすいでしょうか。
自分があまり理解していないので、調べなければならないことも沢山ありますし、自分が興味を持っている分野というわけでもありませんから、「調べる」という作業も苦痛でしかありません。

また、読んでいただければお分かりになると思いますが、自分でも「よくもまあこんなに面白くない記事が書けたな」と感心()するくらい、つまらない内容になってしまっています。

実は、父や母にこの記事を見せたのですが、くすくす笑いながら「頑張って調べたね(笑)」と言われました。
興味もない内容を、一生懸命調べて書いたのが伝わったのでしょう。

見せたのが両親だったので、つまらない記事も最後まで読んでくれましたが、一般のユーザーさんだったらこうはいかないと思います。
「つまらない」「面白くない」と思った瞬間、ページから離脱してしまうでしょうね。

予想どおり、この記事には全くと言っていいほどアクセスがありません。

やはり、自分が少しでも興味を持てる分野の記事を書く、というのは、面白い記事を書く上で重要な要素のようです。

読書をする

本を読んでそこから得た内容を記事にする、というのも、有効な手段の一つだと思います。
特に、自分が「面白い」と感じた本の記事なら、スラスラ書けると思います。

例えば私の場合、以下の記事がそうです。

ナルニア国物語第4巻『銀のいす』あらすじ、映画化は?

幼いころから何回も読んでいる本で、細かいセリフまで頭に入っているくらいですから、この記事は本当にすらすらと、楽しみながら書くことができました。

他にも記事にしたい本はまだまだありますので、これから書いていく予定です♪

また本以外にも、映画やドラマも記事にできると思います。
ただ、映画やドラマと違って、「放映が終わる」ということがないというのが、本のいいところかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
手軽にできる、ブログの「ネタ探し」の方法をまとめてみました。

ツッコミどころも多々あるかとは思いますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです!

あわせて読みたい記事

時間のない初心者ブロガーさん必見!!短い時間で効率よくブログを書く方法

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. 東大
    遅ればせながら、皆さんあけましておめでとうございます。 大学受験生の皆さん、センター試験お疲れ様で…
  2. 村田修一
    ワールドベースボールクラシック(WBC)から始まり、福岡ソフトバンクホークスの日本一で幕を閉じた20…
  3. セリーヌ タム2
    今、世界中で話題になっている、小さな天才歌手がいます。 それは香港出身の、セリーヌ・タムちゃん…
  4. 野球
    みなさんこんにちは。今回は横浜DeNAベイスターズに所属する桑原将志(くわはら まさゆき)選手につい…
  5. 春にして君を離れ
    2017年12月、アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」がケネス・ブラナー、ジョニーデップ…
  6. 暗記
    中学受験シーズンが終わり、来年、再来年の受験を目指すみなさんは、塾の中では(受験生としては)もう1つ…
  7. EYS
    大人になってからでも、何か新しい楽器を始めたい、歌を習いたいと思っている方は多いと思います。 …
  8. スケート靴4
    冬季五輪を連覇した羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手に、政府は国民栄誉賞を授与する方針を固めました。 …
  9. 四科のまとめ 国語
    大量の暗記事項をマスターしなければならない中学受験。 その暗記事項の中で、ついおろそかにしてし…
  10. 四月病
    皆さんこんにちは。 2017年度もあと少しで終了し、新しい年度が始まりますね。 「新年度…

ピックアップ記事

  1. この週末は、フィギュアファンにとっては熱い週末でした。 なにしろグランプリシリーズの最終戦であ…
  2. ザギトワ 平昌 ショート
    平昌オリンピックフィギュアスケート女子ショートプログラムが、本日行われました。 ロシアのアリー…
ページ上部へ戻る