つらい勉強は嫌だ!楽しく英語を学習したい方におすすめの勉強法

英語 地球儀

ネット上の翻訳サービスはまだまだ

英語が嫌いな方の中には、早くネットの翻訳サービスが発達して、英語を勉強する必要がなくなればいいのに、と思う方もおられるかもしれませんね。

近頃は様々な技術が発達してきており、それに伴ってネット上の翻訳サービスの精度も向上していると言われています。

しかし、我々が英語を全く勉強せず、機械に翻訳を丸投げできる、というところまでは程遠いのが現状です。

最近グーグル翻訳の精度が上がったと聞いて、映画のセリフを翻訳にかけてみましたので、その結果をご覧ください。

映画「スター・ウォーズ エピソード1」から英語のセリフを持ってきました。
ジェダイの師匠であるクワイガンが、弟子のオビワンを諭すところです。
それをグーグル翻訳で、日本語に訳してもらいました。

原文:Don’t center on your anxieties, Obi-Wan. Keep your concentration here and now, where it belongs.

翻訳結果:あなたの不安、オビ=ワンを中心にしないでください。 それが所属しているところでここに集中してください。

 

・・・? ? ?

わけがわからない文章になってしまいました。

このように、翻訳技術はまだまだなのです。

省略の無い、わかりやすい英語ですらこのような結果なので、日ごろ私たちが口にしているような、省略だらけの日本語を、行間を読み取りながら正しく英語に訳してくれるほどにサービスが向上するのは、ずっとずっと先のことになりそうです。

というわけで、我々はいまのところ、英語の勉強から逃れることができません。

ただ、勉強しなければならないにしても、辛い勉強は嫌ですよね。

というわけで今回は、できるだけ楽しく、苦痛を感じずに英語を勉強する方法をご紹介しようと思います。

これは、実際に私が実践してきた方法です。
今では大学で英語の授業を聞いたり、英語でディスカッションやプレゼンをするのに全く困らないくらいには話せています。

ではさっそく、勉強法を見ていきましょう。

好きな映画で英語の勉強

自分のお気に入りの映画を使って英語を勉強するのは、非常に有効です。

なぜなら、好きな映画なら見るのが苦痛になりませんし、また映画で使われるのはナチュラルな英語ですので、自然な速さに耳を慣らすことができるからです。
しかも、大好きな映画を、字幕なしで、英語のまま見られるようになるって、想像するだけでなんだかワクワクしませんか??

よく英会話スクールに通われる方もいらっしゃいますが、英会話講師は、生徒が理解しやすいように易しい英語を使って、ゆっくりと話してくれますので、ネイティブが日常的に話すスピードに慣れることができません。

一方映画はナチュラルスピードですから、英語に耳を慣らすのに最適なのです。
また、これからお伝えする方法は、聞くだけでなく自分でも英語を話しますから、リスニング力だけでなく、ナチュラルスピードで英語を「話す力」も身につけることができます。

映画を選ぶ際の注意点

映画を選ぶうえで、一つ気を付けていただきたいことがあります。
映画を使って英語を勉強する際、はじめはスクリプトを見ながら学習しますので、スクリプトが販売されているもの、もしくはネット上にスクリプトが出回っているものを選んでいただきたいのです。

私が英語学習で使ったのは、上でも少し取り上げた「スターウォーズ エピソード1」と、「ホビット 思いがけない冒険」、そして「英国王のスピーチ」です。

スターウォーズとホビットは、ネット上でスクリーンプレイが出回っていました。
また、英国王のスピーチは、以下のサイトでスクリプトと日本語訳が載った本が販売されていました。

https://www.screenplay.jp/

「英国王のスピーチ」以外にも、こちらのサイトでは、有名な映画のスクリーンプレイがたくさん販売されていますので、よろしければご活用ください。

特にお気に入りの映画がなく、英語学習に使いたい映画が見つからない、という場合もあるかもしれません。
そういった場合は、どれを選ぶかにあまりこだわらずに、勉強に使ってみてもいいかなというものを上のサイトから選んでみてください。

ちなみに私が勉強に使ったスターウォーズの英語は、比較的わかりやすい英語を話す人が多かったので、おすすめできます。
(一部、おかしな言葉を話したり、そもそも英語でない言葉を話す生き物もいますが、そういった類は無視してシャドーイングしません)
もしどうしても決められない方がいらっしゃったら、使ってみてください。
スターウォーズエピソード1のスクリプトはこちらです。

http://www.starwars.jp/script/

勉強方法

まず初めに、字幕、もしくは日本語の吹き替えで映画を通して見て、ストーリーをしっかりと頭に入れます。
ただ、好きな映画でしたら、これまでに何度も見てストーリーは完璧に覚えているかもしれませんね。その場合は、この最初のステップは飛ばしていただいて構いません。

次に、スクリーンプレイを読み、分からない単語を調べます。
これはちょっと時間のかかる作業になるかもしれませんが、飛ばさずにしっかりやりましょう。

次に、スクリーンプレイを見ながら映画を見て、セリフをシャドーイングします。
(シャドーイングとは、セリフをあとから追いかけて繰り返すことです。セリフが始まったら、そのセリフが終わるのを待たずにすぐに追いかけはじめます。)

そして、徐々にスクリプトを見ないでシャドーイングできるようにしていきましょう。
スクリプトを全く見ずに言えるようになったら、しめたものです。もうセリフをほとんど暗記してしまっていますから、その映画の英語は、完全にあなたのものになっています。

1本の映画がシャドーイングできるようになったら

1本出来たら、ぜひ2本目にチャレンジしてみてください。
きっと1本目よりは、早く完璧にシャドーイングできるようになるはずです。

たくさんの映画をシャドーイングすることで、幅広い表現を自分のものにすることができます。

なぜ、スクールやテキストでなく映画なのか

ここまで、スクールやテキストを一切使わない、映画を使った学習法をお伝えしてきましたが、英会話スクールや英語のテキストを使った学習を否定するつもりは一切ありません。
それを楽しんでやれる方は、そのやり方でいいと思います。

しかし、英会話教室や英語教材を楽しめない、苦痛だ、という方は、ぜひ映画をシャドーイングする勉強方法を試してみてください。

私自身、実は母に勧められてこの勉強法を試してみたのですが、その効果には本当に驚かされています。
それまで、英語を話すときには頭の中で英語を組み立てなくては話せなかったのに、映画のセリフを覚えた後には、何も考えなくても英語が口から出てくるようになったのです。

しかも何より良かったのは、苦痛を感じることなく英語を学ぶことができたということです。
学校の授業は、先生が前で文法や読解の解説をする、という形式がほとんどで、あまり楽しむことができませんでした。
しかし自分の好きな映画だと、「英語のセリフを全部理解できるようになりたい!自分でも言えるようになりたい!」というモチベーションも高いですし、その分頭に入ってくるスピードも速かったです。

まとめ

映画をシャドーイングする学習方法をお伝えしました。

この方法が、すべての人に最適かどうかは私にはわかりません。

しかし、私自身楽しんで勉強し、効果を実感した学習法ですので、ぜひみなさんの英語学習にも役立てていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 履歴書
    人にもよるとは思いますが、大学生は比較的時間に余裕がありますよね。 「この暇な時間、まあ飲み会…
  2. フレナーラ
    手汗がひどいと本当につらいですよね。。。 私がこれまで手汗のせいで悩んできたことを挙げると、 …
  3. 家庭教師
    みなさん、家庭教師のアルバイトと聞くと、どんなイメージを持たれますか? 「楽で高時給」のイメー…
  4. 銀のいす
    世界中の子どもたち、そして大人たちにも親しまれている「ナルニア国物語」。 今回は、その第4巻、…
  5. ライト兄弟1
    飛行機を発明したライト兄弟にまつわる書籍はものすごくたくさんありますが、その中の数冊を読んでみる機会…
  6. セリーヌ タム2
    今、世界中で話題になっている、小さな天才歌手がいます。 それは香港出身の、セリーヌ・タムちゃん…
  7. コストルナヤ
    みなさんこんにちは。 世界ジュニアが近くなってきましたね、、、!! 今回ご紹介するのは、…
  8. ナビゲーター世界史B
    世界史参考書の定番、『ナビゲーター世界史B』。 解説が大変わかりやすいと評判なのですが、分厚い…
  9. 銀座カラー
    日に日にあたたかくなっていくこれからの時期、肌を出す機会も増えてきますよね。 「自己処理大変だ…
  10. 損益算
    こんにちは。現役東大生家庭教師のmakoです。 中学受験をする小学生のお子さんは、冬期講習が始…

ピックアップ記事

  1. 四月病
    皆さんこんにちは。 2017年度もあと少しで終了し、新しい年度が始まりますね。 「新年度…
  2. 馬と少年
    ファンタジー大作、ナルニア国物語。 小学生の頃に親しんだという方も多いのではないでしょうか。 …
ページ上部へ戻る