英会話Gabaの評判を知りたい人必見!通っていた私の感想

オリコン1位の英会話スクールとして有名なGaba。
電車の中の広告でもよく見かけますが、どのようなレッスンを提供しているのでしょうか。
今回はこのGabaについて、私が実際に通った体験をもとに、詳しくレビューしていきたいと思います。

 

無料体験レッスン

まずは電話で無料体験レッスンを予約。
Gaba公式サイトの申込みフォームからも予約できるみたいですね。
無料体験レッスンでは、まずスタッフの方と面談して説明を受けた後、ネイティブ講師の無料体験レッスンを受けました。
レッスン後に私の強みや弱み、そしてどのレベルからスタートすればよいかなどのアドバイスが書かれたシートをもらいました。
それをもとにどのコースにするかをスタッフさんと相談し、私は短期集中(2か月)のコースにしました。

 

始めてみてどうだった?

ここからは、実際2か月間通ってみてどうだったかレビューします。

 

レッスン時間は少し短いかも・・・。

レッスン時間は、1コマ40分。
個人的には、少し短いかな…という感じ。
例えば、何かわからない表現があって、講師がその言葉の意味を説明してくれるとします。
具体例を用いて解説した後、例文を作る練習をいくつかして、ついでに関連表現も習って、さらにそれを使って例文をつくって…とかやってると、それだけですぐ15分とか20分とかたっちゃうんですよね。
あと最初の軽い雑談(世間話)とかもありますから、結果としてテキストを進める時間がほとんどない(あるいはゼロ)ということもありました。

もちろんテキストを進める以外のレッスンからも学べることはたくさんあるんですが、40分の授業は少し短いな、という感覚でした。
なので私は、よく2コマ連続でとっていました。
休憩をはさみますが、合計80分やると、ちゃんと勉強した、という感覚を味わえた気がします。
他の生徒さんでも、2コマ連続で入れる方はよくいるそうです。

 

レッスン内容は?

レッスンはマンツーマンで基本的にEnglish only、授業内容は、生徒から講師にリクエストすることが出来ます。
特に希望がなければ、普通はGabaのオリジナルテキストを使って授業を進めます。
まず、セクションの最初にあるイラストを見て、何をしているシーンなのか把握し、テキストのダイアログを講師と一緒に読み、知らない表現などの確認をした後、後半の演習のパートで、実際に覚えた表現を使う練習をする、という流れです。

私は特別にレッスンしてほしいことがこれといって思いつかなかったので、いつもこのテキストを使用していました。

ただ、ビジネスマンの方などで、プレゼンのをやるのでアドバイスをしてほしい、などのリクエストをされる方もよくいらっしゃるそうです。

 

テキストは?

テキストに関しては、非常に良い、という印象は特に受けませんでしたが、全体的にはわかりやすくて、良かったと思います。

まずそのセクションのストーリーを表すイラストがあり、その後にダイアログ。その後に講師と演習する課題がいくつかありました。

 

講師は?

私がレッスンを受けた講師は、全員ネイティブ講師でした。
ただ、インターネットでの書き込みを見ると、日本人の講師もいらっしゃるようですね。

私が話をした限りでは、Gabaで英会話講師を始める前に、すでに何らかの別の仕事を経験されている方が多かったです。
ビジネス経験が豊富だったり、大学で熱心に研究されていた先生もいらして、色々な興味深い話を聞くことが出来ました。

 

講師以外のスタッフは?

講師以外には、日本人のスタッフさんたちがいますので、いつでも相談することが出来ます。
時折、こちらから相談しなくても、レッスンの消化回数について確認してくださったりと、よく声をかけていただきました。

 

予習・復習は?

やはり、予習・復習をせずに、レッスンだけ受けたのでは、あまり身に着かないと思います。
予習・復習は、「myGaba」という会員用のサイトで行うことが出来ました。
ただ、別にこのサイトを使わず、自分で紙のテキストで予習・復習してもいいでしょう。

 

レッスン以外のサービスは?

私は利用しませんでしたが、「英文添削」というものを無料でやってくれるようです。
受付に自分の書いた英文を持って行くと、レッスンがない講師が添削してくれます。
大学の課題やビジネス文書など、無料で添削してもらえるのは嬉しいですね。

また、「myGaba」の利用もおすすめです。
myGabaでは、レッスンの予約をしたり、予習・復習をしたりできますが、それ以外にも色々な機能があります。
新しく覚えた単語やフレーズを記録する機能や、社会での話題に関する記事を、自分のレベルに合わせて英語で読むことが出来るページなどがあります。
すべての記事を読む必要はありませんが、自分が関心がある分野だけでも読んでみると、英語力向上に役立つでしょう。

 

料金は?

他の多くの英会話スクールと同様、Gabaの料金も決して安いものではありません。
しかし、かなりレッスン内容も充実していますし、myGabaなどのインターネット上の機能も良質ですので、高すぎるとまでは感じませんでした。
レギュラープランだと、45回で345,060円(有効期間6か月)、60回で450,360円(有効時間)8か月です。
短期集中だと、30回で210,600円(有効期間2か月)になります。

 

結局、Gabaに通えばちゃんと英語をマスターできるの??

一番気になるにはやっぱりここですよね。
私は、Gabaに通う前から、大学の授業で困らない程度には英語を話すことが出来ましたが、Gabaに通ったことで、表現の幅が広がったな、と実感しています。
また、今まで私が触れてきたのはアメリカ英語がほとんどだったのですが、Gabaにはブリティッシュ・イングリッシュを話す先生もかなりいらしたため、前より幾分かイギリス英語に慣れることが出来たような気がします。

話せるけれどもうちょっと英語力を磨きたい、という人にはぴったりのスクールだと思います。

しかし、全然話せないけれどGabaに行けば、たいして努力しなくても英語をしゃべれるようにしてもらえる、という考えでは、決して話せるようにはならないと思います。

もちろんこれはGabaに限ったことではありません。どこのスクールに行くにしても、英会話初心者が、日常生活に困らないレベルまで英語力を上げるのは大変なことです。
私も初心者の頃は、例文を暗記するまで何回も音読したり、好きな映画を、セリフを全部覚えてしまうまで何度も見たりと、相当な努力を重ねました。

Gabaに通うにしても通わないにしても、英会話初心者の方は、自分で徹底的にレッスン内容を復習する、家族や友人に練習相手になってもらってレッスン以外でも英語を使うようにするなど工夫と努力をしなければ、上達は難しいと思います。

 

まとめ

さて、英会話教室Gabaのレビューをしました。
いかがでしたでしょうか。

Gabaに関しては全体的に「丁寧、親切」という印象を受けると思います。
レッスンルームに入ると必ず講師が立って待っていて、先に座るよう促してくれたり、スタッフさんがこまめに声をかけてくれたりと、非常に気持ちよくレッスンに通うことが出来ました。

私はいろいろと忙しくなったので2か月でやめましたが、もうちょっと続けていれば、もう少しレベルアップできたのかな、とも思います。また余裕があったら通いたいな、と思えるスクールでした。

公式サイト↓↓
Gabaマンツーマン英会話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハイスクールミュージカル
    海外アイドルの登竜門でもある、ディズニースターが多く出演しているハイスクール・ミュージカルですが、シ…
  2. 桜
    最近は春を感じる暖かい日が多いですね。 今週末にも桜が開花するという予想も出ています。 …
  3. 腰痛
    生理前になると、ドーンとした重い腰痛があるのって辛いですよね。 “腰痛があるなぁ・・・”と思っ…
  4. スケート靴4
    冬季五輪を連覇した羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手に、政府は国民栄誉賞を授与する方針を固めました。 …
  5. 樋口新葉
    昨年(2017年)の全日本フィギュアスケート選手権では、平昌オリンピック代表の座をめぐって激しい戦い…
  6. ライティング
    最近は副業が流行っていますね。 その中でも人気なのが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのク…
  7. ボール、芝
    今年30億円もの大金をかけたにもかかわらず、リーグ4位という順位に沈んだ読売ジャイアンツ。お金を持っ…
  8. ラマダン
    2018年3月27日、インドネシアのジャカルタで活動するJKT48が、「第10回AKB48世界選抜総…
  9. マザーテレサ
    「マザー・テレサ」という名前を知らない、という方はまずいないでしょう。 生涯を通じて世界の貧し…
  10. ダルビッシュ
    2012年にアメリカに渡り、日々メジャーリーガーとしのぎを削っているダルビッシュ有投手。惜しくも今年…

ピックアップ記事

  1. 坂本花織
    平昌オリンピックではフィギュアスケートの団体戦が終了し、個人戦が始まっていますね。 女子の戦いはも…
  2. キリスト教
    キリスト教を知るべき理由 キリスト教の信者は、世界に約22億人います。 世界最大の信者数を誇…
ページ上部へ戻る