平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワのジュニアからの成長を振り返る

medvedeva

平昌五輪が終わり、女子ではロシアの15才の新星、アリーナ・ザギトワ選手が優勝しました。

世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(Евгения Армановна Медведева)選手はザギトワ選手に次ぐ2位でした。
ですが、怪我から復帰したばかりとは思えない素晴らしい演技だったと思います。

今回は、怪我からの復帰戦となった欧州選手権、そして平昌オリンピックでのメドベージェワ選手の演技を振り返るとともに、ジュニア時代からメドベージェワ選手がどんな成長を遂げてきたのか、見ていきたいと思います。

ヨーロッパ選手権でのメドベージェワ選手の演技

ショートプログラム

演技前半にステップシークエンスを済ませ、ジャンプをすべて基礎点が1.1倍になる後半に固めるといういつもの流れ。
これ、ロシアのトップ選手たちはみんな当たり前のようにやっていますが、本当はすごいことです。。。

それにしてもメドベージェワ選手のステップは本当に引き込まれますね。
うっとりと見入ってしまいます。

そして最初のジャンプ、3F-3T(トリプルフリップ-トリプルトーループ)のコンビネーションも見事でした。トリプルフリップは片手を上げていましたね。

次の3Lo(トリプルループ)も鮮やか。

最後の2A(ダブルアクセル)は着氷が乱れてしまいました。
メドベージェワ選手は、大変ミスが少ない選手として知られていますが、ダブルアクセルに限っては、以前から時折ミスが出ていて、本人も少し苦手意識があるようです。

しかし、ダブルアクセル以外は本当に見事でした。

フリースケーティング

素晴らしい演技でした。

ジャンプが決まっている、というのももちろんそうですが、表情の作り方など、感情表現がまるで女優のよう。
以前解説者の八木沼さんは、メドベージェワ選手の演技を「劇場型」と表現されていた気がしますが、まさにそういう感じ。
見れば見るほど、スケートを見ているのか、舞台を鑑賞しているのかわからなくなってきます。

平昌五輪でのメドベージェワ選手の演技

ショートプログラム

ため息が出るほど美しい演技でしたが、本人は演技後、「微妙かな?」みたいな表情をしていますね。
世界女王はそれほど理想が高いのでしょう。

しかしふたを開けてみれば世界歴代最高得点更新!(このあと同門のザギトワがさらに更新することになります。)

フリースケーティング

最初から観客を引き込んでいくような女優のような演技力。

ジャンプもすべて決まりました。

演技後は、メドベデワ選手本人も感極まっていましたね。

コーチはエテリ・トゥトベリーゼ

もうご存知の方も多いと思いますが、メドベージェワ選手が師事しているエテリ・トゥトベリーゼコーチのチームは、非常に多くのトップ選手を輩出しています。

シニアだけでなく、ジュニアにもエテリ組の強い選手が沢山いますので、エテリ組の黄金時代はまだまだ続く予感がします。

エテリ組の強さについては、以下の記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

アレクサンドラ・トゥルソワに注目!4回転サルコーを跳ぶ驚異の13才

メドベージェワはジュニア時代、どんな選手だった??

ジュニア1年目(2013-2014シーズン)の貴重映像

これは、ジュニア1年目(2013-2014シーズン)の、ジュニアグランプリファイナルのフリーです。

このころからすごく可愛らしいですが、やはり「女王の風格」を持った今とは、全然雰囲気が違いますね。
「美しくて、少しかよわそうでもある可憐な少女」といった感じです。

この大会、メドベージェワ選手は銅メダルでした。
ちなみに、このときの金メダルは同じくロシアのマリア・ソツコワ選手で、平昌五輪代表に選ばれています。
2位は、セラフィマ・サハノビッチ選手でした。

ジュニア2年目(2014-2015シーズン)

フィギュアスケートファンが、メドベージェワ選手を「女王」として認識し始めたのは、おそらくこの年からではないでしょうか。

ジュニアグランプリシリーズ、そしてファイナル、世界ジュニア選手権をすべて制し、ジュニアの頂点に立ち続けました。

以下の動画は、世界ジュニア選手権のフリーです。

ジュニア1年目から大きく成長し、見た目からも「アスリートとしての強さ」のようなものが感じ取れますね。

「これなら、来年からシニアに移行しても十分トップ選手として活躍してくれるだろう」と期待させてくれる演技でした。

シニア移行後「絶対女王」として女子フィギュア界に君臨

シニア1年目(2015-2016シーズン)

まだシニア1年目であるにもかかわらず、難しいプログラムこなし、年上のお姉さんたちを次々と下していきました。

そして、グランプリファイナルやヨーロッパ選手権、世界選手権などの主要な大会をすべて制します。

シニア1年目であることが信じられないくらい、めざましい活躍でした。

世界選手権のフリーを載せておきます。
ちなみにこの大会でメドベージェワ選手が叩き出したフリーの150.10点は、当時の世界歴代最高得点でした。(その後もメドベージェワ選手本人が何回も世界新を塗り替えています)

シニア2年目(2016-2017シーズン)

出場した個人戦ですべて優勝し、世界女王の名をほしいままにしたシーズンとなりました。

同時にこのシーズン、後に彼女のライバルとなるアリーナ・ザギトワ選手(同じくロシア)が、世界ジュニア選手権を制します。
ザギトワ選手はメドベージェワ選手にとって、同じクラブの後輩。
きっとお互いに、良い刺激を与えあっていたことでしょう。

選手としての絶頂期に差し掛かったメドベージェワ選手は、出場した大会で次々と世界最高得点を更新し、女子SP、FS、総合のすべてで、レコードホルダーとなりました。

シニア3年目(2017-2018シーズン)

いよいよ、オリンピックシーズンです。

昨シーズンからの勢いは止まらず、グランプリシリーズを2連覇するものの、グランプリファイナルとロシア選手権をけがで欠場します。

ファンから心配される中、欧州選手権で復帰。
ショートではミスが出てしまったものの、フリーではほぼ完ぺきな演技をし、総合で2位となりました。

平昌五輪では、同じサンボ70でともに練習を積むザギトワ選手と、見事ワンツーフィニッシュを成し遂げました。

まもなく世界フィギュアスケート選手権が開催されますが、医師の勧めにより、メドベデワ選手は欠場することが発表されています。

 

ジュニアの頃から、私はメドベージェワ選手が大好きでずっと応援しています。
世界選手権は欠場となってしまいましたが、しっかり怪我を直して、来シーズンまた素晴らしい演技を見せてくれるのを楽しみにしています。

あわせて読みたい記事

魅力あふれるアリョーナ・コストルナヤ。高いジャンプと豊かな表現力

【平昌五輪】フィギュア女子、15歳ザギトワが金メダル、宮原は4位!最終グループ演技まとめ

【平昌五輪】フィギュア女子ショート、ザギトワが世界新、宮原は4位

世界選手権代表、日本のエース宮原知子の強さに迫る

日本勢ワンツーフィニッシュ!!!フィギュアスケート男子歴史的快挙達成

ロシアの天才少女アリーナ・ザギトワ、団体戦でトップ!個人戦でのメダルの色は??

紀平梨花が世界初の快挙!!ジュニアグランプリファイナル2017

アレクサンドラ・トゥルソワに注目!4回転サルコーを跳ぶ驚異の13才

天才フィギュア姉妹の末っ子、本田紗来の実力がヤバイ!!幼いころは英才教育??

スケート教室に初心者が飛び込んでみた結果www

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 1月 24日
  2. 2018年 2月 12日
    トラックバック:雑記帳
  3. 2018年 2月 13日
  4. 2018年 2月 15日
  5. 2018年 2月 16日
  6. 2018年 2月 16日
  7. 2018年 2月 16日
  8. 2018年 2月 17日
  9. 2018年 2月 21日
  10. 2018年 2月 23日
  11. 2018年 3月 10日
  12. 2018年 3月 10日
  13. 2018年 3月 10日
  14. 2018年 3月 14日
  15. 2018年 3月 14日
  16. 2018年 3月 14日

ピックアップ記事

  1. 昨日25日、待ちに待った大河ファンタジー、『精霊の守り人』最終章(シーズン3)が、遂にスタートしまし…
  2. EYS
    大人になってからでも、何か新しい楽器を始めたい、歌を習いたいと思っている方は多いと思います。 …
  3. ダイエット
    最近は「ダイエット」を目的としたプライベートジムが沢山ありますよね。 たしかに専属のトレーナー…
  4. セリーヌ タム2
    今、世界中で話題になっている、小さな天才歌手がいます。 それは香港出身の、セリーヌ・タムちゃん…
  5. 英語 地球儀
    ネット上の翻訳サービスはまだまだ 英語が嫌いな方の中には、早くネットの翻訳サービスが発達して、英語…
  6. ビタミンd
    ビタミンDは、健康に多大な影響を与える栄養素として知られていますが、いざどんな働きがあるのか聞かれる…
  7. 野球ボール 空
    早いもので2017年も残すところあと僅か。球界はオフシーズンに突入しています。来年に向けて英気を養っ…
  8. 貞観政要
    世界史を学んでる、あるいはかつて学んだ皆さんにとって、唐の二代皇帝太宗(李世民)と聞くと、どんなイメ…
  9. 今年、横浜DeNAベイスターズを破り見事日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。そんなソフトバンクを…
  10. コストルナヤ
    みなさんこんにちは。 世界ジュニアが近くなってきましたね、、、!! 今回ご紹介するのは、…

ピックアップ記事

  1. スケート靴3
    さて、平昌オリンピック開幕までもう3か月を切っていますね。 今回注目するのは、五輪代表候補でも…
  2. ビタミンd
    ビタミンDは、健康に多大な影響を与える栄養素として知られていますが、いざどんな働きがあるのか聞かれる…
ページ上部へ戻る