「めんどくさがり」は長所であり才能である!!治す必要なんてない

面倒

こんにちは(^^)

最近、自分の性格を分析することにはまっております(笑)
きっかけは、就活をしている友人から「自己分析」の重要性について聞かされたことですね。

じぶんは就活はしていないものの、たしかに「自己分析」は面白そうだな、と思って始めてみました。

ただ自己分析といっても、ネット上の既存のアンケートやチェックリストのようなものに回答して「判定結果:あなたの傾向、適職は〇〇です!」みたいなやつは好きじゃないですし、あまり信じる気にもなれません。

じゃあどうしたのかというと、自分の性格(だと認識しているもの)を片っ端から検索窓に打ち込んで、ヒットしたページを眺める、というなんとも単純な方法です。(そんな暇があったらたまった課題を先に消化しろ、という声が聞こえてきそうですが、「めんどくさがり」(今日のテーマ)の私には無理な話です(*^^)v)

とても「自己分析」だなんて偉そうなことは言えませんね。

 

私の性格をざっとあげると、

・すぐ熱中するけど同時に飽きっぽい
・「超」がつくめんどくさがり屋
・コミュニケーションは比較的得意
・大抵おおざっぱだけど妙に神経質になることもある

など、こうやって自分で挙げていても、よくわからない謎な性格の持ち主ですね。矛盾しているところもいろいろあります。
(ここに挙げた性格以外にももちろん本当はまだまだたくさんありますが、全部書くと身バレしそうなので書きません笑)

ただ今回は、この中で自分の中では「長所」だと認識している(けれどネットで調べた結果「短所」と思っている人が多そうな)「めんどくさがり屋」という性格について、考えたことをつらつらと書いていこうと思います。

「めんどくさがり屋」は短所だと思っている人が多い

ネットで「めんどくさがり(屋)」と検索すると、「めんどくさがり屋な性格を治す方法」みたいな記事がいっぱいヒットします。
それだけ、「めんどくさがり」という自分の「短所」を直したい、と思っている人が多いということでしょう。

たしかに「めんどくさがり」だと、やるべきことを後回しにして期限直前に焦る羽目になったり、、、ということは起こりがちですよね。

 

ブログをやっている身からしても、「ブログを書くのを面倒がる人」よりは、「面倒だと思わずコツコツ積み上げていく人」の方が、結果を出すかもしれません。

しかし、いくら「めんどくさがり」な人でも、「自分のやりたいこと」「自分の好きなこと」はめんどくさがらずにやりますよね。
「やりたくないこと」だから、「めんどくさい」と感じるのではないでしょうか。

 

ですから「めんどくさがり屋」な人は、自分の「やりたくないこと」をする時間をとことん減らし、「自分の好きなことをする時間」や「ダラダラしてリラックスする時間」をできるだけ長く取ろうとします。
そこが長所になる、と私は考えています。(そして「超めんどくさがり」な自分を正当化しています)

めんどくさがり屋の長所

上述のように、めんどくさがり屋は、自分が「めんどくさい」と感じることをする時間を、とことん短くしようとします。

大学のレポートなんて、その最たる例ではないでしょうか。

めんどくさがり屋は、やるべき課題を後回しにし、提出期限直前まで手をつけようとしないことが多いです。
期限ぎりぎりにやっつけた課題なんて、どうせゴミのような出来に決まっている、と思われるかもしれませんが、「めんどくさがり屋」が期限直前に発揮する集中力は、凄まじいものです。(すべての「めんどくさがり屋さん」に当てはまるかどうかは知りませんが、私の周りのめんどくさがり屋(自分含め)はみんなそうです笑)
下手に時間に余裕をもって課題に手を付けるより、出来が良かったりするんですよね。

 

また、これは個人的なことですが、私は「めんどくさがり屋」な性格のおかげで、「自分で考える力」と、「自分の考えを表現する力」がかなり伸びたような気がします。

これは小学校の読書感想文までさかのぼりますが、私は常に「できるだけ短時間で片付けてしまいたい」と考えていたので、できる限り「自分の考え」で文章を構成しました。(これが「感想文」として適切かどうか、という点については突っ込まないでください笑)
登場人物のセリフに対する感想や、具体的なシーンについて感じたことなどを書こうとすると、「そのシーンのページまでめくって、確認して、、、」という大変面倒な作業をやらねばなりません。
しかし、物語の全体像だけつかんでおいて、あとはそれを踏まえて自分の考えを展開する、もしくは似たような体験をしたことについて述べる、という構成にすれば、面倒な作業が少なくて済みます。

こうして私は、「本の内容を確認するのをめんどくさがる」ことによって、「自ら考えをひねり出す能力」「それを素早く文字にして表現する能力」を養ったのでした笑

もちろん、大学のレポートでもそうです。
「資料やデータをもとにして正確な情報を記す」というのは、私がもっとも苦手とする作業です。
ですから、「参考文献」に、検索でヒットしたそれっぽい本を何冊か書いておくだけで、本の中身なんて知ったこっちゃありません。(まあ、私に限らずそういう学生は多いと思いますが)

しかし、資料をほとんど参考にしない分、数千字のレポート内容を自分の頭の中だけで組み立てなくてはなりません。
しかも、それで時間がかかりすぎて「結局調べた方が速かった」なんてことになったら悔しすぎるので、早く仕上げようと一生懸命考えますから、スピードも相当鍛えられるわけです。(そもそも提出期限ギリギリに書き始めるから時間ないしね)

暗記などの勉強をする際にも、「めんどくさがり屋」は力を発揮することが多いですね。

「え、暗記なんてめんどくさがり屋の人は一番苦手なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、意外とそうでもありません。

「めんどくさがり屋」は、面倒なことをとことん効率よく済ませるように脳内がプログラムされている(笑)場合が多いですから、暗記に関しても「自分にとって最も効率の良いやり方」を自然と見つけ出している場合が多いのです。

「赤シートで隠す派」「青いペンでひたすら書く派」など色々な人がいますが、結局みんな効率よく暗記しているんですよね。
しかもめんどくさがり屋は必ず試験前夜に着手しますから、先ほども言いましたが、時間がないため「集中力が半端ない」のです。
結局、一夜漬けでうまく試験を乗り切ってしまうことが多いですね。

まとめ

このように、めんどくさがり屋は、面倒なことを、できる限り効率よく済ませようとする傾向が強いため、その分自分の好きなことに時間を割いたり、何もせずにリラックスする時間を多く取ったりすることができます。
私はまだ学生なので、ほとんど勉強に関する例しか挙げられませんでしたが、この能力は、仕事をする上でも役立つのではないでしょうか。
そういえば自分自身、中高時代部活の仕事とかはいつもギリギリに猛スピードでやってましたね笑

 

以上、「めんどくさがり屋」の長所について述べました。

基本的には、私は「めんどくさがり」な性格は治す必要がないと思っています。
むしろ、効率よく物事を進めることができるという「長所」だと認識しています。

自分は「めんどくさがり」だ、と悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 損益算
    こんにちは。現役東大生家庭教師のmakoです。 中学受験をする小学生のお子さんは、冬期講習が始…
  2. 面倒
    こんにちは(^^) 最近、自分の性格を分析することにはまっております(笑) きっかけは、就活…
  3. うつ
    近年、「うつ」「抑うつ」という言葉をよく耳にするようになってきました。 これらが精神的な病気で…
  4. 片岡やすゆき
    2017年シーズンは福岡ソフトバンクホークスが日本一に輝き、ストーブリーグに突入しました。海を渡る選…
  5. 納豆
    納豆にはどんな栄養分が含まれている?? 「栄養価が高い」と人気の納豆ですが、具体的にはいったいどん…
  6. 四月病
    皆さんこんにちは。 2017年度もあと少しで終了し、新しい年度が始まりますね。 「新年度…
  7. ザギトワ
    世界フィギュアスケート選手権が近くなってきましたね。 五輪女王のアリーナ・ザギトワ(Алина…
  8. 東大
    遅ればせながら、皆さんあけましておめでとうございます。 大学受験生の皆さん、センター試験お疲れ様で…
  9. オリコン1位の英会話スクールとして有名なGaba。 電車の中の広告でもよく見かけますが、どのような…
  10. マヤ文明
    メキシコにある世界最大の水中洞窟で、マヤ文明の遺跡や化石が発見されました。 このことが発表されたの…

ピックアップ記事

  1. スケート靴2
    みなさん、スケートはお好きですか? 「滑らないけど、観るのは好き」という方は多いかもしれません。 …
  2. 樋口新葉
    昨年(2017年)の全日本フィギュアスケート選手権では、平昌オリンピック代表の座をめぐって激しい戦い…
ページ上部へ戻る