ダイエット始めても三日坊主。。。そんなあなたに「続けるコツ」を伝授します!

ダイエット

最近は「ダイエット」を目的としたプライベートジムが沢山ありますよね。

たしかに専属のトレーナーさんについてもらってトレーニングをすればちゃんと続けられるかもしれないけれど、ダイエットにそんなにお金を使えない。。。
そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

ダイエットのため運動を始めてみたものの続けられなかった、という経験をお持ちの方も多いでしょう。

今日はそんな皆さんに「ダイエット継続法」をお伝えしたいと思います。

とはいっても、私自身の経験ではなく、私がダイエットをしている周りの人を見て学んだことをまとめました。

私はスポーツをしているので、そのトレーニングの一環で頻繁にスポーツジムに行きます。

ジムと言っても、プライベートジムのような高いものではなく、一回300円程度(実際は回数券を使っているのでもっと安い)で使える公共のスポーツ施設です。

そこには、私のようにスポーツのパフォーマンスを向上させるためにきている人がたくさんいる一方で、健康のため、とりわけダイエットのために通っている人も少なくありません。

そういう人たちを見ているうちに、ずっとダイエットを続けられている人には、いくつか特徴があることに気付きました。

ダイエットを続けるには

トレーニングに飽きない工夫をする

ずっとジムに通い続けている方は、意識的にか無意識にかは分かりませんが、「トレーニングに飽きてしまわないようにするための工夫」というものができているな、と感じました。

たとえば、ダイエットに有効とされる有酸素運動をするにも、ずっとトレッドミル(ランニングマシーン)をやるのではなく、バイクをしたり、アークトレーナーに切り替えたりなど、色々な運動を取り入れています。

また、有酸素運動をする前に、筋トレを取り入れている方も多いです。

「いろいろな運動をすることで飽きないようにする」という効果ももちろんありますし、「先に筋トレをしておくことで、有酸素運動の効果をさらに高める」ということも期待できます。

私も、ダイエット目的ではないものの、ジムで運動をするときは、サーキットのように、色々なマシンを巡回しています。
こうすることで、ものすごく飽きっぽい私でも、ちゃんとトレーニングを続けられています。

ジムで友達を作る

何をするにも、一人で孤独にやるのと、仲間と一緒にやるのとでは、継続への意欲が大分変わってきますよね。

まあ、一人でも続けられる、という自制心の強い方もおられますが、なかなかそうはいかない方も多いと思います。

ジムにきている方たちを見ていると、常連さんはみんな友達、少なくとも顔見知りにはなっていて、お互い声を掛け合っています。
私も、「いつも頑張ってるね」と声をかけてもらったり、トレーニングの際フォームがおかしくなっていないか見てもらったりすることがあります。

こうすることで、「ジムに行って知り合いの人と一緒に頑張る」ということが一つの楽しみになり、もはや「ダイエットを頑張ることの苦痛」というものがほとんどなくなります。

このように「トレーニング仲間」をつくることは、継続するための大きな力になってくれると思います。

毎朝体重計に乗る

やはり、体重が減ってダイエット効果を実感できると嬉しくなり、ますますダイエットへの意欲が湧いてくるものだと思います。

私も、ダイエットをしているわけではないものの、スポーツをする上で体重管理も大切ですから、毎朝体重(体脂肪率や骨格筋レベルも)を図るようにしています。

体脂肪率が減ったり、筋肉量が増えたりしていれば「よし!」ってなりますし、逆のことが起これば「あ、まずいな」となり、自制心が働きます。

人体について勉強する

ダイエットをしていると、次第に自分の体について興味がわいてくることもあると思います。

筋肉の仕組みはどうなっているのか、代謝をよくするにはどうすればいいか。。。など。

そういったことを勉強して知識を身につけていくと、ますます効率的に「理想的な身体」を作っていくことができると思います。

私も筋肉や骨については多少勉強したので、いつか記事にまとめることも考えていますが、すでにネット上には、筋肉のつくりやトレーニング法について、詳しく解説されたサイトが沢山あります。

そういったものを調べて体の仕組みについての知識を身につけ、それをトレーニングに生かすようになると、より一層ダイエットを楽しむことができるでしょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足だと、色々なことをする上でやる気が出ず、気分も落ち込みがちになり、「何かを頑張ろう」という明るい気持ちにはなりにくいものです。場合によっては健康に支障をきたしてしまいます。

ダイエットをする上でも、睡眠をけっしておろそかにしないでください。

特に筋トレをした際などは、寝ている間に筋肉が超回復して強くなりますから、睡眠はとても大切です。

まとめ

「ダイエットを継続するコツ」についてまとめました。

「トレーニングに飽きない工夫をする」「ジムで友達を作る」「毎朝体重計に乗る」「人体について勉強する」「睡眠をしっかりとる」

どれもそんなに難しくはないですから、ぜひ取り入れてみてくださいね!

あわせて読みたい記事

認知症予防、ちゃんとできてる??脳に良いこと、悪いことを徹底解説!

四月病、五月病には気を付けて!新年度の注意点とは??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ザギトワ
    世界フィギュアスケート選手権が近くなってきましたね。 五輪女王のアリーナ・ザギトワ(Алина…
  2. 鼻がつまるし目はかゆいしくしゃみが止まらない。。。 この時期になると花粉症でつらい思いをされて…
  3. 算数の基礎の基礎、「計算」 言うまでもなく、計算力は算数に取り組む上での土台です。 この…
  4. 家なき娘
    『家なき娘』(『家なき少女』)という小説をご存知でしょうか。 もしかしたら、「ペリーヌ物語」と…
  5. ダルビッシュ
    2012年にアメリカに渡り、日々メジャーリーガーとしのぎを削っているダルビッシュ有投手。惜しくも今年…
  6. ザギトワ 平昌 ショート
    平昌オリンピックフィギュアスケート女子ショートプログラムが、本日行われました。 ロシアのアリー…
  7. 宇野昌磨GPフランス大会2017
    さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。 順位は以下の通りでした。 【男子…
  8. 世界史1
    「教養として世界史の知識を身につけたい」「世界で今起こっていることをもっと深く理解するために世界史を…
  9. どろあわわ
    モコモコのずっしりとした泡が特徴のどろあわわは、10円玉を乗せても落ちないくらいの濃密な泡を作ること…
  10. 野球ボール 空
    早いもので2017年も残すところあと僅か。球界はオフシーズンに突入しています。来年に向けて英気を養っ…

ピックアップ記事

  1. 野球ボール3個
    11年ぶりのBクラスに沈んだ2017年の読売ジャイアンツ。チームの若返りを図るべく戦力の整備を始めて…
  2. 不登校
    不登校に対するイメージ 皆さんは、「不登校」と聞いて、どんなイメージを持たれるでしょうか。 …
ページ上部へ戻る