フィギュアスケート坂本花織の成績や高校は??平昌五輪個人戦に注目集まる!!

坂本花織

平昌オリンピックではフィギュアスケートの団体戦が終了し、個人戦が始まっていますね。
女子の戦いはもう少し先になりますが、いったいどうなるのか今からハラハラドキドキです。

今回注目するのは、昨年の全日本選手権で宮原知子選手に次ぐ2位に入り、見事ピョンチャンオリンピック代表に選出された坂本花織(さかもと かおり)選手です。

先日の団体戦では惜しくも5位でしたが、最初のミスを後半でリカバリーするなど、初めてのオリンピックとは思えない落ち着きも見せてくれました。
しかし演技後のインタビューではやはり、「どのジャンプも自分のジャンプではなく悔しい」と話していました。
ただ、「個人戦まであと少し時間があるので、もっと練習していけたら」という前向きは発言もしてくれていますので、個人戦での活躍に期待です。

坂本選手は現在高校生です。
出身中学や通っている高校、所属チームやコーチ、特技である水泳の成績、そして何より坂本選手の一番の魅力であるジャンプの特徴など、気になることはたくさんありますよね。
さっそく見ていきましょう!

坂本花織の出身中学や高校は??

坂本選手は2000年生まれの17歳。兵庫県神戸市の出身です。
実は私も両親の都合で、小学生のころ神戸に住んでいたことがあります。嬉しい共通点!

坂本選手の出身中学は、神戸市中央区にある市立の渚中学校。

そして現在通っている高校は、神戸市長田区にある神戸野田高校という、私立の歴史のある高校です。
「質実剛健にして進取の気性をもて」がこの学校のモットーで、大正15年に神戸野田高等女学校として設立されました。男女共学になったのは最近のことです。
現在は、大きな変化を迎えるこれからの時代に対応すべく、生徒参加型・探求型授業への切り替え、ICT機器の導入など、「21世紀型の学び」を追求した授業づくりに取り組んでいるそうです。

坂本選手も、刺激ある校風の中で学んでいるのですね。

坂本花織は水泳も得意??

坂本選手がフィギュアスケートを始めたのは4歳の時ですが、実は同じ年に水泳も始めたそうです。

当時は水泳が週5回、フィギュアが週3回だったとか。(すごい。。。)

やはり運動神経がとても良かったようで、水泳も「選手コース」に行くかと声をかけられるほどだったようです。

本人も以前インタビューで、「(水泳をやったことで)すごく足に筋肉がついたし、力もついた。それが今のジャンプに活きていると思う」と語っていました。

坂本花織のジュニアからの成長

今シーズンシニアに上がったばかりの坂本選手ですが、ジュニア時代はどんな選手で、どのような成長を遂げてきたのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

ジュニア1年目(2013年-2014年シーズン)

この年からジュニアに移行。(ジュニアの前はノービスクラス)

ジュニアグランプリシリーズにも派遣され6位となります。

全日本ジュニアは6位、推薦出場した全日本選手権では15位にとどまりました。

ジュニア2年目(2014年-2015年シーズン)

全日本ジュニアで2位、全日本選手権では6位に入り、世界ジュニア選手権代表に選出されます。世界ジュニアでは総合6位という成績でした。

ジュニア3年目(2015年-2016年シーズン)

ジュニアグランプリシリーズのリガ杯では、ショート・フリーともにパーソナルベストを更新して銀メダルを獲得しました。

全日本ジュニア、全日本選手権では思うような結果が出せませんでしたが、リレハンメルユースオリンピックでは6位に入りました。

ジュニア4年目(2016年-2017年シーズン)

ジュニアグランプリシリーズで2戦とも好成績を残し、ファイナルに出場しました。
初出場となったジュニアグランプリファイナルでは、銅メダルに輝きます。

さらに全日本ジュニアでは初優勝を飾り、全日本選手権では7位に入ります。

2回目の世界ジュニア選手権では、ショート・フリーともにパーソナルベストを更新して銅メダルを獲得しました。冬季五輪シーズンに向けて、はずみをつけることができました。

シニア1年目(2017年-2018年シーズン)

遂にやってきた冬季オリンピックシーズン。

シニアデビュー戦となったアジアフィギュア杯で優勝しました。

グランプリシリーズでは、ロステレコム杯では5位だったものの、スケートアメリカでは200点越えで2位表彰台となり、大健闘しました。

12月に、平昌五輪代表選考がかかった全日本選手権が開催され、このとき五輪代表有力候補として注目されていたのは、宮原知子選手、三原舞依選手、樋口新葉選手、本田真凜選手などでした。
しかし坂本選手は、ショート・フリーともに完璧な演技を披露し、宮原選手以外のすべての選手をかわし、総合で2位となりました。

こうして坂本選手は、平昌五輪代表に選出されたのです。

個人戦に向けて

冒頭でも触れたように坂本選手は、団体戦では思うような演技ができませんでした。

テレビで観戦していた私からは、ミスを最小限に抑え、リカバリーもしてきちんとまとめているように見えたのですが、本人は相当悔しかったようです。

その悔しさをバネに、個人戦では持てる力すべてを出し切って、納得のいく結果が得られるといいですね。

個人戦の女子シングルは、ショートが2018年2月21日、フリーが2月23日です。

坂本選手、そして宮原選手の活躍に期待しましょう!!

あわせて読みたい記事

世界選手権代表、日本のエース宮原知子の強さに迫る

世界選手権代表の樋口新葉の実力がすごい!!フィギュアスケートの成績や中学・高校は??

【平昌五輪】フィギュア女子ショート、ザギトワが世界新、宮原は4位

日本勢ワンツーフィニッシュ!!!フィギュアスケート男子歴史的快挙達成

平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワのジュニアからの成長を振り返る

ロシアの天才少女アリーナ・ザギトワ、団体戦でトップ!個人戦でのメダルの色は??

アレクサンドラ・トゥルソワに注目!4回転サルコーを跳ぶ驚異の13才

高校生スノーボーダー戸塚優斗に注目!高校やスポンサーの情報も満載!!

スケート教室に初心者が飛び込んでみた結果www

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. EYS
    大人になってからでも、何か新しい楽器を始めたい、歌を習いたいと思っている方は多いと思います。 …
  2. 政治学
    この記事を読んでいるのは、おそらく大学生の方が多いと思います。 家庭教師のアルバイトを始めることに…
  3. どろあわわ
    モコモコのずっしりとした泡が特徴のどろあわわは、10円玉を乗せても落ちないくらいの濃密な泡を作ること…
  4. ダイエット
    最近は「ダイエット」を目的としたプライベートジムが沢山ありますよね。 たしかに専属のトレーナー…
  5. フレキュレル
    そばかすは、遺伝的要素や生活習慣など、様々な要因の影響を受けています。 特に遺伝的要因が強い場合は…
  6. 太陽
    子供は公園が大好き!たとえ気温が高くても全くお構いなしに100%の体力を使って走り回りますよね!親と…
  7. 銀のいす
    世界中の子どもたち、そして大人たちにも親しまれている「ナルニア国物語」。 今回は、その第4巻、…
  8. 宇野昌磨GPフランス大会2017
    さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。 順位は以下の通りでした。 【男子…
  9. 四月病
    皆さんこんにちは。 2017年度もあと少しで終了し、新しい年度が始まりますね。 「新年度…
  10. パソコン
    こんにちは。 ブログを訪問していただきありがとうございます。 タイトルの通り、この記事は…

ピックアップ記事

  1. 脳1
    病気や怪我で入院した患者が、認知症を患っていると、退院してもまた同じ病気や怪我で再入院するリスクが1…
  2. 音楽
    勉強やスポーツを頑張っているとき、気持ちがのっている間はいいのですが、どうしてもやる気がでなかったり…
ページ上部へ戻る