世界選手権代表、日本のエース宮原知子の強さに迫る

平昌オリンピックフィギュアスケート男子シングルでは、日本人の二人が金メダルと銀メダルを獲得し、歴史的快挙を成し遂げました。
(よろしければ以下の記事もご覧ください)

日本勢ワンツーフィニッシュ!!!フィギュアスケート男子歴史的快挙達成

そして、日本勢女子で最高の成績を残したのが、エースの宮原知子選手です。

日本の女子の枠は2枠しかないので、昨年12月の全日本選手権では激しい代表争いが繰り広げられました。

その激戦を制してピョンチャンオリンピック代表に選出されたのが、宮原知子(みやはら さとこ)選手と、坂本花織(さかもと かおり)選手でした。

坂本選手については、以前記事を書きました。

フィギュアスケート坂本花織の成績や高校は??平昌五輪個人戦に注目集まる!!

今回は、ジュニア時代から私も応援している、宮原知子選手について書いていきたいと思います。

平昌五輪団体戦女子ショートでは4位

こちらは、団体戦での宮原選手のショートの演技です。

パッと見ミスのないクリーンな演技に見えたのですが、最初のトリプルルッツ-トリプルトーループのコンビネーションジャンプが両方とも回転不足の判定となってしまったため、思ったより得点が伸びず、68.95点で4位となりました。

しかし、スピン、ステップはすべて最高難度のレベル4を獲得しているうえ、加点もたくさんついています。
以下が宮原知子選手のプロトコルです。
平昌 団体 宮原

平昌五輪個人戦の演技

ショートプログラム

文句のつけどころのないクリーンな演技。
得点は75.94で自己ベストでした!

フリースケーティング


146.44点でこちらも自己ベスト!
見ていて涙出ました。。。

惜しくもメダルは逃してしまいましたが、総合4位という、日本勢の中では最高の結果でした!

宮原知子の強さとは

全日本選手権4連覇中の宮原選手。

「ミス・パーフェクト」の異名を持ち、試合で常に安定した実力を発揮する選手として知られています。

なぜ、宮原選手はこんなにも強いのでしょうか。その秘密を探っていきたいと思います。

幼いころから濱田美栄コーチの指導を受ける

宮原選手は4歳でスケートを始め、小学生の頃から濱田美栄(はまだ みえ)コーチの指導を受けるようになります。

濱田コーチはトップ選手を非常に多く輩出しているコーチで、今指導している選手だけでも、宮原選手、本田真凜(ほんだ まりん)選手、白岩優奈(しらいわ ゆうな)選手、紀平梨花(きひら りか)選手など、トップレベルの選手がたくさんいます。

本田真凜(ほんだ まりん)選手は、ご存知の通り五輪代表候補でしたし、紀平梨花選手は、まだジュニアの選手でありながらトリプルアクセルをフリーで2本跳ぶなど、「天才少女」として知られています。
2017年のジュニアグランプリファイナルで、女子として史上初めてトリプルアクセル-トリプルトーループのコンビネーションジャンプを決めた際には、記事にもまとめました。

紀平梨花が世界初の快挙!!ジュニアグランプリファイナル2017

また、本田真凜選手の2人の妹である本田望結(ほんだ みゆ)選手と本田紗来(ほんだ さら)選手も濱田コーチのもとで練習しています。
とくに本田紗来選手は、姉の真凜選手に「(紗来の才能が)怖い」と言わせるほどの実力の持ち主で、全日本ノービス選手権では、同年代の全国トップレベルの選手たち(紗来選手より年上の選手もいました)を抑えて優勝しました。

このようにトップ選手を数多く育てている濱田コーチですから、その指導力は非常に優れているのでしょう。
そんなコーチの指導を幼いころから受けているというのは、宮原知子選手の大きな強みだと思います。

また、所属する関西大学スケート部には、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(たかはし だいすけ)さんや、同五輪7位入賞の織田信成さんもいますから、宮原選手にとっては、上にも下にもたくさんのトップスケーターがいるという、素晴らしい環境で練習できていることと思います。

コーチも舌を巻くほどの努力家

宮原選手は非常にまじめで、コーチも「120点満点の練習をする」と評価するほどの努力家です。

試合でも、いつも後半になっても疲れた様子を見せず確実にきれいなジャンプを決め、スタミナのある選手として知られています。

2017年に大きなけが(左股関節疲労骨折)をしてしまい、氷に乗れなかった期間も、辛抱強くやるべきことをやり続け、濱田コーチから「できることをずっとやり続けるすごさというのを見て、私も勉強になった」と言われるほどでした。
実は治療期間中濱田コーチは、宮原選手の精神的な負担を和らげるため、「次の冬季オリンピックを目指そう」と声をかけたこともあったそうです。
しかし宮原選手は黙々とリハビリを続け、全日本選手権で見事な復活を遂げ優勝をつかみました。

宮原選手本人も、「試合の時、『あれだけ練習したんだから大丈夫』と思える」と話していました。
人並外れた練習量が、宮原選手を、精神面、体力面、技術面などあらゆる面で支えているのでしょう。

両回転のジャンプとスピン

スケートを始めたころは、一般の選手とは逆の時計回りのジャンプ・スピンをしていました。

しかしジャンプの軸が曲がっていたため、濱田コーチの指導の下、順回転(反時計回り)に矯正しました。

今でも、逆回転の2回転ジャンプやスピンができ、試合でも両回転のスピンを取り入れています。

宮原選手の課題とは?

宮原選手はジュニア時代から、ジャンプの回転不足判定を受けて減点されてしまうことがよくあります。

ジャンプの高さを出すことで、最近は回転不足の判定をされることが少なくなってはいるのですが、今回のオリンピック団体戦では、得点源である3回転-3回転の連続ジャンプが回転不足となってしまいました。

しかし個人戦ではジャンプが認められ、高得点が出ました。

このように、「ジャンプの回転が認められるかどうか」は、得点に大きくかかわってくるのです。
(回転不足判定だと、ジャンプの基礎点から減点されるうえ、ジャンプの出来栄えを評価するGOEでもマイナスとなってしまいます。)

宮原知子は頭もいい??

宮原選手は英語が得意で、海外遠征でも通訳なしで対応している姿をよく見ますね。

全体的に学力が高く、外部の模試でも学年上位に入っているとか。

オリンピック選手でありながら、勉強もできるなんてすごすぎますね、、、!!!

まとめ

宮原知子選手についてまとめました。

世界選手権でも、どうか悔いのない演技ができますように、、、!!

世界フィギュアスケート選手権の日程は、女子ショートが2018年3月21日、フリーが3月24日、そして3月25日にはエキシビションがあります!

あわせて読みたい記事

【平昌五輪】フィギュア女子ショート、ザギトワが世界新、宮原は4位

日本勢ワンツーフィニッシュ!!!フィギュアスケート男子歴史的快挙達成

フィギュアスケート坂本花織の成績や高校は??平昌五輪個人戦に注目集まる!!

平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワのジュニアからの成長を振り返る

ロシアの天才少女アリーナ・ザギトワ、団体戦でトップ!個人戦でのメダルの色は??

天才フィギュア姉妹の末っ子、本田紗来の実力がヤバイ!!幼いころは英才教育??

紀平梨花が世界初の快挙!!ジュニアグランプリファイナル2017

アレクサンドラ・トゥルソワに注目!4回転サルコーを跳ぶ驚異の13才

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 19日
  2. 2018年 2月 19日
  3. 2018年 2月 19日
  4. 2018年 2月 20日
  5. 2018年 2月 21日
  6. 2018年 3月 09日
  7. 2018年 3月 14日
  8. 2018年 3月 14日
  9. 2018年 3月 14日
  10. 2018年 3月 14日
  11. 2018年 3月 14日
  12. 2018年 3月 14日
  13. 2018年 3月 14日
  14. 2018年 3月 14日
  15. 2018年 3月 14日
  16. 2018年 3月 14日
  17. 2018年 3月 14日

ピックアップ記事

  1. マザーテレサ
    「マザー・テレサ」という名前を知らない、という方はまずいないでしょう。 生涯を通じて世界の貧し…
  2. スノーボード
    平昌五輪が開幕し、選手たちの熱い戦いが繰り広げられていますね! 実は私も今、テレビでフィギュア…
  3. ザギトワ フリー
    平昌オリンピック、フィギュアスケート女子フリースケーティングが終了しました。 金メダルはOAR…
  4. うつ
    近年、「うつ」「抑うつ」という言葉をよく耳にするようになってきました。 これらが精神的な病気で…
  5. マヤ文明
    メキシコにある世界最大の水中洞窟で、マヤ文明の遺跡や化石が発見されました。 このことが発表されたの…
  6. スケート靴2
    みなさん、スケートはお好きですか? 「滑らないけど、観るのは好き」という方は多いかもしれません。 …
  7. 紀平梨花2
    世界ジュニア関連の記事を書かなければ~~とずっと思っていたのですが、気づいたらもう開幕直前になってし…
  8. 今年、横浜DeNAベイスターズを破り見事日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。そんなソフトバンクを…
  9. 銀座カラー
    日に日にあたたかくなっていくこれからの時期、肌を出す機会も増えてきますよね。 「自己処理大変だ…
  10. トゥルソワ
    すっかり寒くなり、フィギュアスケートシーズン真っただ中ですね! グランプリファイナルでは日本勢…

ピックアップ記事

  1. マザーテレサ
    「マザー・テレサ」という名前を知らない、という方はまずいないでしょう。 生涯を通じて世界の貧し…
  2. オリコン1位の英会話スクールとして有名なGaba。 電車の中の広告でもよく見かけますが、どのような…
ページ上部へ戻る