おすすめ世界史参考書『ナビゲーター世界史B』の使い方徹底解説!

ナビゲーター世界史B

世界史参考書の定番、『ナビゲーター世界史B』。

解説が大変わかりやすいと評判なのですが、分厚いのが4冊もあり、読み切るのが大変、というのが難点ですよね。

私も、受験生時代は、このナビゲーターのあまりの量の多さに、1冊目が終わる前にもう挫折しそうでした。

しかし最終的には、この『ナビゲーター世界史』を使い込み、第一志望の東大合格につなげることが出来ました。

今回は、ナビゲーターの効果的な使い方と、合わせて使いたいテキストや問題集について、解説していこうと思います。

 

そもそも『ナビゲーター世界史B』ってどんな参考書?

この参考書の特徴は、なんといっても解説の詳しさにあります。用語の網羅性も高く、教科書には載っていないけれども入試では出題されるような細かい用語もしっかりと網羅されています。

教科書は、短くまとまっているのは良いのですが、まとまりすぎていて、物事の因果関係などが詳しく載っていない部分があります。「なぜそうなったか?」という部分が理解できないまま読み進めてしまい、流れがつかめなくなってしまうのです。しかも、「なぜそうなったのか」が分からないままだと、出来事に対する理解が浅いので、用語の暗記もしづらいです。なんでも、理解している内容は、暗記もしやすいですよね。逆に、理解せずに用語だけ丸暗記しようとしても効率が悪いですし、さらに論述問題となると、全く歯が立ちません。

そのため私は、入試で世界史を使うならば、教科書だけでなく、この『ナビゲーター世界史』を使って、まずは歴史に対する「理解」を深めることをお勧めします。

私の場合、最初に教科書を読んだとき、分かりにくすぎてこれではとてもやっていけないと思い、ナビゲーターを購入したのですが、面白いことに、ナビゲーターを読んだ後教科書を読むと、教科書がいかに大切なことを、簡潔にうまくまとめているかがわかるのです。ナビゲーターを読んだことにより歴史に対する理解が深まったので、教科書が読みやすく感じるようになったのでね。

このように、ナビゲーターは、歴史に対する理解を深めるのに非常に有効です。

それが済んでから、各大学の対策に取り組めば、効率よく学習を進めることが出来るでしょう。

 

使い始めるのはいつ頃?

私の場合は、高3の5月頃でした。しかし正直、遅かったと思います。結局第一志望に合格はしたのでそれは良かったのですが、もっと早く始めていれば、より万全な状態で入試に臨むことが出来たでしょう。

私がおすすめするナビゲーターの使用開始時期は、高2の冬(1月頃)です。この時期に始めれば、高2の間に通史を終わらせることができ、高3からの学習を有利に進めることが出来ます。

しかし、これはあくまで英語・数学の基礎がしっかりできている場合に限ります。(私立文型の志望の人の中には、数学が必要ない人もいますね。その場合は英語が大切です。)
優先順位が高いこれらの科目をおろそかにして世界史に時間をかけるのはよろしくありません。

私の場合、英語は得意だったのでのですが、数学が非常に苦手で、東大受験どころかセンターレベルもままならない状態でしたので、高2の冬は数学をやりまくっていました。その結果、高2の間は地歴(日本史・世界史選択でした)に手を付けることが出来ませんでしたが、やはり数学を優先してよかったと思います。

英語や数学は、高3になってから慌てて勉強しても短期間で伸ばすのは難しいですから、高2からしっかり勉強するべきです。
まあ本当は、高1から、いや、中学の頃から英語・数学はしっかり勉強して積み上げていくのが理想ですが、部活や遊び(←)でいそがしくて、なかなか理想通りにはいきませんよね(私は無理でした)笑

ですから、まずは英語・数学をしっかり固め、それから世界史などの選択科目に取り組みましょう。

とはいえ、英語や数学がしっかりできているのであれば、高2から世界史を始めることで、ライバルたちに差をつけることが出来ます。
というわけで、『ナビゲーター世界史B』を使い始めるオススメの時期は、「高2冬」です。

ナビゲーター世界史の使い方

さて、次は具体的な使い方を見ていきましょう。

どの参考書でも言えることですが、「こういう使い方をしなければならない」という決まりはもちろんありません。

ですから、このナビ―ゲーターも、自分が「こうやって使いたい」という考えをしっかり持っていて、それが自分に合っているなら、そのやりかたで突き進んでいけばいいでしょう。

しかし、どうやって使えばいいか全くわからない、まずこの量の多さに途方に暮れている、というような人は、ぜひ以下を参考にしてみてください。

 

ナビゲーターを読むときに用意するもの

まず、ナビゲーターを読むときに、合わせて用意してほしいものが3つあります。

1つ目は、世界史の用語集が入った電子辞書です。もちろん紙の用語集でも構いませんが、私は個人的に電子辞書の方が使いやすかったので、電子辞書を使っていました。
お好きな方を使用してください。

2つ目は、世界史資料集です。アカデミアやタペストリーなど、たくさんの種類がありますね。どの資料集でも問題はないと思いますが、私は、評判のいいタペストリーを選びました。
ナビゲーターにも、一応ところどころに地図が載っているのですが、少し足りません。資料集を常に近くにおいておき、ナビゲーターで新しい地名が出てきたら、必ず地図で場所を確認するようにしましょう。

3つ目は、用語問題集です。ナビゲーターを1冊読み終わるごとに使います。
実はナビゲーターにも、穴埋め形式の用語問題集がついているのですが、これではセンターレベルまでしか対応できず、少し不十分ですので、難関大レベルまできちんと対応できる用語問題集を用意しましょう。
色々な問題集が販売されていますが、私は、Z会のものを使用していました。

ナビゲーターの読み進め方

ナビゲーター世界史は、1冊につき15セクション前後あり、一日に3セクション程度進めると、1週間かからずに1冊読み終わります。
1周目では、あまり用語を覚えようとせず、とにかく流れをつかむことを意識して読み進めてください。
1冊終わったら、2冊目に進まず、もう一度1冊目を読みます。今度は用語を意識しながらも、1周目でつかんだ歴史の流れを、さらに頭に定着させるようにしてください。
2周目が終わったら、次は用語問題集です。ナビゲーターで読んだ範囲に取り組みましょう。例えば1冊目でしたら、先史~中世ヨーロッパ史ですね。
用語問題集は、あまり考えこまずにテンポよく進め、できなかったところにはチェックをつけておきます。該当範囲が終わったら、2周目をやるわけですが、今度はチェックがついているところだけを解きます。そしてできるようになっていればチェックを消すか、チェックの上から丸を付けて、できなければチェックをそのままにしておきます。チェックがなくなるまで、3周、4周…と繰り返します。これはテンポよく進め、1週間以内にチェックが全部消えるように努力しましょう。

ここまでで、大体3週間~1か月くらいです。
もうお分かりだと思いますが、ナビゲーターは4冊ありますから、単純計算で3か月から4か月かかりますね。まあ実際は、2冊目、3冊目と進むにつれてだんだん慣れていきますから、早く進められるようになっていくでしょう。それでも全部終わらせるのに2か月以上はかかると思います。

4冊終わったら

ナビゲーターが終わったら、次は自分のレベルに合わせて、様々な問題に取り組んでいきましょう。
論述問題が出る学校を受験する場合は、その対策も必要ですね。

この時意識してほしいのは、「出来ない問題があったら必ずナビゲーターに戻って確認する」ということです。
中国史の流れを忘れてしまったと感じたらもう一度該当部分を読んだり、近代史の知識が曖昧なことに気づいたらその部分を復習したり…など、ナビゲーターをどんどん使い込んでいきましょう。

このようにアウトプットとインプットを繰り返すことで、知識は定着していきます。
問題集を解きっぱなしにしていてはだめですし、いつまでもナビゲータを読むばっかりで、問題を解かないのもこれまたダメです。
問題を解き、復習する。これを繰り返して、確かな実力をつけていきましょう。

また、用語問題集も並行して何度も繰り返してください。ナビゲーターを1冊終えるごとに用語問題集の該当部分をマスターする方法をご紹介しましたが、繰り返しやらなければ、すぐまた忘れてしまいます。
1冊の用語問題集が、受験当日には人に見せられないほどボロボロになるくらい使い込みましょう。

 

以上、『ナビゲーター世界史B』を使った世界史の学習方法をご紹介しました。

あわせて読みたい記事

唐の名君太宗(李世民)のリーダーシップに学ぶ

メキシコで考古学者がマヤ文明の遺跡や化石を発見!でもそもそも「マヤ文明」って?

「世界史を学びたい!」という大人におすすめの『教養としての世界史の読み方』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. プラスワン
    インターネットでも評判のいい『算数 プラスワン問題集』。 今ページを見ている方はおそらく、お子…
  2. ライト兄弟1
    飛行機を発明したライト兄弟にまつわる書籍はものすごくたくさんありますが、その中の数冊を読んでみる機会…
  3. どろあわわ
    モコモコのずっしりとした泡が特徴のどろあわわは、10円玉を乗せても落ちないくらいの濃密な泡を作ること…
  4. フィギュア 氷
    さあ、いよいよ全日本フィギュアスケート選手権が今日開幕です!! この日を楽しみに待っていた、という…
  5. 東大オケ
    寒いですね...! さて、今日は、私の友人が所属している東京大学音楽部管弦楽団(東大オケ)の、…
  6. キャベツの蒸し煮
    こんにちは。 暖かくなってきましたね、、、! 今回取り上げるのは、「キャベツ」です。 …
  7. この週末は、フィギュアファンにとっては熱い週末でした。 なにしろグランプリシリーズの最終戦であ…
  8. 自動運転
    こんにちは。 私は最近、「早く自動運転車が実用化されないかなー」といつも考えています。 …
  9. ダイエット
    最近は「ダイエット」を目的としたプライベートジムが沢山ありますよね。 たしかに専属のトレーナー…
  10. フレキュレル
    そばかすは、遺伝的要素や生活習慣など、様々な要因の影響を受けています。 特に遺伝的要因が強い場合は…

ピックアップ記事

  1. ダイエット
    最近は「ダイエット」を目的としたプライベートジムが沢山ありますよね。 たしかに専属のトレーナー…
  2. 紀平 フリー
    あの紀平選手がやってくれました、、、!! ジュニアグランプリファイナルの女子フリースケーティン…
ページ上部へ戻る