【平昌五輪】フィギュア女子ショート、ザギトワが世界新、宮原は4位

ザギトワ 平昌 ショート

平昌オリンピックフィギュアスケート女子ショートプログラムが、本日行われました。

ロシアのアリーナ・ザギトワ選手が、完璧な演技を見せた世界女王エフゲニア・メドベージェワ(メドベデワ)選手の得点を上回り、ショートプログラムの世界最高得点をマークしました。

メドベージェワ選手が自己ベスト(同時に世界最高得点)を叩き出し、それを同門のザギトワ選手が塗り替えるという、スゴイ戦いとなりましたね。

 

日本の宮原知子(みやはら さとこ)選手は4位、坂本花織(さかもと かおり)選手が5位と、二人とも好位置につけました。
宮原選手は75.94点、坂本選手は73.18で、どちらも自己ベストの得点です。

3位はカナダのケイトリン・オズモンド選手、6位はイタリアのベテラン、カロリーナ・コストナー選手です。

日本の二人は、明後日2月23日のフリースケーティングでは、最終グループで演技を行うことになります。

ここで、1位、2位となったザギトワ選手とメドベージェワ選手、そして日本の二人の選手の演技を振り返っていきたいと思います。

アリーナ・ザギトワのショートの演技

すべてのジャンプを後半に固めた上、コンビネーションジャンプはトリプルルッツ-トリプルループという、全選手の中でもっとも難しいジャンプに挑み、見事に成功させました。

また単独のトリプルフリップは両手を上げ、ダブルアクセルは非常に難しい入り方をするなど、大量の加点を得るための工夫が凝らされたプログラムを完璧に滑り切り、82.92点の世界最高得点でショートトップとなりました。

演技後はガッツポーズ!!

エフゲニア・メドベージェワのショートの演技

こちらもジャンプはすべて後半。

最初のコンビネーションは、1本目で片手をあげるタノ・ジャンプでした。
セカンドジャンプで両手を上げることもあるのですが、今回は手を挙げることなく普通に飛んで確実に決めました。

トリプルループとダブルアクセルもきれいに着氷し、ノーミスの演技でした。

にもかかわらず本人は演技後「もっとできたかな」というような表情を見せ、喜びを爆発させることはありませんでした。

しかしふたを開けてみれば自己ベストの81.61点の自己ベスト。ここでガッツポーズが出ました!

(この後同門のザギトワ選手が世界新を塗り替えることになります)

宮原知子のショートの演技

直前のメドベージェワ選手が完璧な演技を見せて世界記録を更新し、会場が熱気に包まれた中での演技スタート。
プレッシャーや緊張感もあったと思います。

しかし今回も、やはり宮原選手は「ミス・パーフェクト」でした。

すべてのジャンプをクリーンに着氷し、スピンやステップもとても美しかったです。

団体戦では回転不足となってしまった最初のコンビネーションジャンプ(トリプルルッツ-トリプルトーループ)も今回はきちんと認定され、75.94点の自己ベスト!

坂本花織のショートの演技

坂本選手も今シーズンのショートは、すべてのジャンプを後半に持ってきています。

演技を見ていて、「坂本選手のジャンプが戻った!!」と感じてすごく嬉しかったです。

団体戦の時は、本人も「自分のジャンプができなかった」と悔しがっていた通り、「なんかいつもの坂本選手の演技じゃないな」と感じた部分があったのですが、今回のショートでは、本来の高くて迫力のあるジャンプに戻っていました。

まとめ

ショートの世界新が2回も更新されるという、スゴイ大会となっております。

日本の2人の選手もノーミスの演技をし、非常に良い展開ですね!

明後日2月23日のフリーにも期待です!!

あわせて読みたい記事

ロシアの天才少女アリーナ・ザギトワ、団体戦でトップ!個人戦でのメダルの色は??

平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワのジュニアからの成長を振り返る

世界選手権代表、日本のエース宮原知子の強さに迫る

フィギュアスケート坂本花織の成績や高校は??平昌五輪個人戦に注目集まる!!

日本勢ワンツーフィニッシュ!!!フィギュアスケート男子歴史的快挙達成

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. ハイスクールミュージカル
    海外アイドルの登竜門でもある、ディズニースターが多く出演しているハイスクール・ミュージカルですが、シ…
  2. 野球ボール 土
    今年ぶっちぎりでリーグ優勝を果たした広島東洋カープ。惜しくもクライマックスシリーズで横浜DeNAベイ…
  3. オリコン1位の英会話スクールとして有名なGaba。 電車の中の広告でもよく見かけますが、どのような…
  4. お金2.0
    『お金2.0』という本をご存知でしょうか? 去年発売され、これからの経済をわかりやすく解説した…
  5. 統合失調症1
    統合失調症とは、脳の前頭葉、側頭葉、大脳辺縁系などの機能に異常が見られる病気で、原因はまだはっきりと…
  6. 自動運転
    こんにちは。 私は最近、「早く自動運転車が実用化されないかなー」といつも考えています。 …
  7. どろあわわ
    モコモコのずっしりとした泡が特徴のどろあわわは、10円玉を乗せても落ちないくらいの濃密な泡を作ること…
  8. 小公女
    「小学生のうちの子どもにもう少し読書をさせたいけれど、どんな本を読ませればいいのかわからない」と悩ん…
  9. セリーヌタム2
    皆さんこんにちは。 暖かい部屋のベッドの中で、ぬくぬくと心地よくブログを書いております。 し…
  10. 春にして君を離れ
    2017年12月、アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」がケネス・ブラナー、ジョニーデップ…

ピックアップ記事

  1. 2017年も終わりに近づいてまいりました。 ということは・・・ 一年で一番ゆっくりできるお正…
  2. 春にして君を離れ
    2017年12月、アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」がケネス・ブラナー、ジョニーデップ…
ページ上部へ戻る