認知症予防、ちゃんとできてる??脳に良いこと、悪いことを徹底解説!

脳1

病気や怪我で入院した患者が、認知症を患っていると、退院してもまた同じ病気や怪我で再入院するリスクが1.5倍になるという調査結果が発表されました。
これは、医療経済研究機構や国立がん研究センターなどのチームが調査したものです。

認知症であることによって、退院後の生活や服薬などに支障をきたし、認知症でない人よりも再入院のリスクが高まってしまうと考えられています。

死ぬまで心身ともに健康でありたいというのは、誰もが願うことだと思います。

そして健康でいるために、「脳」が重要な役割を担っていることは言うまでもありません。

今回は、どのような生活をしていれば、健康な脳を保ち、認知症を防ぐことができるのかということについて、みていきたいと思います。

脳に良いこと

有酸素運動

有酸素運動は、認知症の改善、予防にも効果が高いと注目されています。

なぜ、「有酸素運動」が脳に良いのでしょうか。

実は、有酸素運動をすると、脳にとって大切な栄養素が作られ、それによって海馬の体積が大きくなるということが、実験から分かっています。

(「海馬」は、人間らしさを保つために、脳の中でも特に重要な部位です。)

これだけではありません。
有酸素運動によって、認知症をひき起こす原因である「アミロイドベータ」を壊す酵素を発生させるのです。
さらに、脳への血流も増加します。

このように、有酸素運動をすることは、脳にとっては良いことづくめなのです。

ところで、有酸素運動と聞くと、何が思い浮かぶでしょうか。

ウォーキング、ジョギング、軽い筋トレ、踏み台昇降、エアロバイク、アークトレーナーなど、たくさんありますね。

「有酸素運動が体にいいのはわかるけど、どうも飽きてしまって続かない」という方は多いと思います。
その場合は、複数の運動を組み合わせて、「あわせて30分」にするなどの工夫をすることで、飽きずに運動をすることができると思います。
私も本当に飽きっぽいので、ジムに行くと、トレッドミル10分、アークトレーナー10分、間に筋トレを挟んで最後にエアロバイク20分、、みたいな感じで、けっこうせわしなく色々な器具を使いまくっています。
というかそうしないと飽きてしまって、運動が辛くなってしまいます。

人間「辛い」と思うことを頑張るよりは、楽しみながらやる方が、継続しやすいものだと思います。

「有酸素運動運動が続かない」と悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考になさってみてくださいね。

睡眠

「睡眠が脳の健康に重要です」と言われれば、「そりゃ当然だろ」と思われるかもしれませんね。
しかし健康のために睡眠が重要であるのが当然とわかっていても、きちんと質の高い睡眠を十分な時間、規則正しくとれている方は、案外少ないのではないでしょうか。

萎縮の無い健康な脳を保つためには十分な睡眠時間が必要であり、睡眠には、認知症の原因となる「アミロイドベータ」を洗い流す働きもあります。

また、睡眠中には記憶の整理が行われたり、ストレスを取り除いたりといったこともされています。

規則正しく、十分な睡眠をとることは、脳の健康のために非常に重要なのです。

知的好奇心

脳を活性化させるために、「運動」とならんで重要なのが、「知的好奇心」です。

実験の結果、「知的好奇心」のレベルの高い人ほど、加齢とともに進む側頭頭頂部の萎縮が少なく保たれることが分かっています。

側頭頭頂部も、人間らしいさまざまな高次の認知機能を担っている部位です。

知的好奇心を刺激することは、「認知症予防」のために重要です。

知的好奇心を刺激するには、趣味に打ち込んだり、今までやってみたかったけれど出来ていなかったことなど、何か新しいことに挑戦してみるのも非常に有効です。

コミュニケーション

人と会話をしたり、一緒に活動しているとき、脳の中ではあらゆる領域が活発に動き、活性化されます。

相手の話に注意を傾け、その内容を理解し、さらには相手の気持ちを思いやる、などをしている際には、人間らしさを保つために重要な「前頭葉」がフル活動しているのです。

このように、誰かと一緒に過ごすことによって、脳に良い刺激をたくさん与えることができるのです。

音楽

音楽は、私たちを感動させてくれたり、落ち着かせてくれたりしますね。

これにより精神面に良い作用があるのはもちろんのこと、脳の働きにもとても良い効果があります。

近年音楽は、認知症の予防や進行の抑制、そして治療にも活用されています。

音楽を聞くだけでももちろん良い効果は期待できるのですが、「演奏する」ことにより、さらなる効能があるといわれています。

楽器を演奏するには、運動や記憶など、様々な認知機能を働かせる必要があるため、脳に良い刺激を与えられるのです。

脳に悪いこと

飲酒

脳の健康についての本を読んでいた時、「飲酒」についてのセクションを読んで、「うわー耳が痛いな」と思いました笑

なぜなら私はお酒が大好きだからです。

しかし、過度の飲酒は脳の萎縮を促進させてしまうことが分かっています。

お酒はほどほどに。。。(自戒)

内臓脂肪型肥満

同じ肥満であっても、男性と女性では、脳に与える影響が大きく異なることが知られています。

女性の肥満の場合はほとんど脳への悪影響がないのに対し、肥満の男性は、脳に悪い影響が出ている場合が非常に多いのです。

なぜこのような違いが出るのかというと、男性と女性では、肥満のタイプが異なるからです。

一般に女性の肥満は「皮下脂肪型」であることが多く、健康への害はほとんどありません。

一方男性は、「内臓脂肪型肥満」が多く、このタイプは脳に対して悪い影響を与えてしまうのです。

まとめ

どのようなことをすると脳に良い影響があり、逆にどんなことが脳に悪影響を及ぼし、認知症のリスクを高めてしまうのかについてまとめました。

5歳であっても100歳であっても、脳の健康のためにできることはたくさんあります。

ぜひみなさんも今日から、いえ、今この瞬間から、「脳に良い生活」を心がけていきましょう!

あわせて読みたい記事

ダイエット始めても三日坊主。。。そんなあなたに「続けるコツ」を伝授します!

統合失調症とは??症状や治療、なりやすい人について解説します

四月病、五月病には気を付けて!新年度の注意点とは??

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. 自動運転
    こんにちは。 私は最近、「早く自動運転車が実用化されないかなー」といつも考えています。 …
  2. 東大
    遅ればせながら、皆さんあけましておめでとうございます。 大学受験生の皆さん、センター試験お疲れ様で…
  3. レーナ アイキャッチ
    今回は、女子格闘家のレーナ選手の強さについてお伝えしていきます。 女子格闘技、通称女子格(じょ…
  4. セリーヌ タム2
    今、世界中で話題になっている、小さな天才歌手がいます。 それは香港出身の、セリーヌ・タムちゃん…
  5. アメリカ 教科書
    「勉強しなきゃ、、、でもやる気でない、、、」 そんな時ってありますよね。 やるべき時にい…
  6. ボール、芝
    今年30億円もの大金をかけたにもかかわらず、リーグ4位という順位に沈んだ読売ジャイアンツ。お金を持っ…
  7. EYS
    大人になってからでも、何か新しい楽器を始めたい、歌を習いたいと思っている方は多いと思います。 …
  8. 内川聖一
    ソフトバンクホークスが日本一を達成し幕を閉じた2017年のプロ野球。鷹ファンにとっては最高の一年にな…
  9. 日本の未来の大問題
    2月1日。 全国の小学6年生のうち、今日が今までの人生でもっとも大きな一日、という子供たちは少…
  10. 貞観政要
    世界史を学んでる、あるいはかつて学んだ皆さんにとって、唐の二代皇帝太宗(李世民)と聞くと、どんなイメ…

ピックアップ記事

  1. 面倒
    こんにちは(^^) 最近、自分の性格を分析することにはまっております(笑) きっかけは、就活…
  2. 宇野昌磨GPフランス大会2017
    さて、グランプリシリーズフランス大会が終了しましたね。 順位は以下の通りでした。 【男子…
ページ上部へ戻る